週刊!ラノオン編集部オススメラノベ第1回「Tとパンツとイイ話」

本日から始まりました、「週刊!ラノオン編集部オススメラノベ」のコーナー。

第1回は編集Aこと、不肖えび沢が大命を仰せつかりましたので、オススメのラノベを紹介させて頂きます。

本日ご紹介するラノベは、こちら!

2011年10月25日発売、本村大志さん作、前田理想さんイラスト、

第7回MF文庫J新人賞・優秀賞受賞作「Tとパンツとイイ話」です!

【ストーリー】

朝、日渡陽太が目を覚ますと後頭部が抱き枕のジョゼ子と一体化していた。この抱き枕は悪友の影時から預かってくれと頼まれたもので俺の趣味ではないんだけど、このシルエットはどう見ても……”T”!! しかたなく「斬新な髪型」で押し通すことにして出かけるが、登校途中でぶつかった女の子の胸と俺の手が一体化してしまう。「ちょっと……、どういうことなの」――冷たい目で俺を見上げる女の子は幼なじみの光里だった。む、胸の感触が直に……ともかくっ、いったい俺の身に何が起こってる!?

第7回MF文庫J新人賞<優秀賞>受賞! 怒濤の合体ラブコメ、はじまる!!

内容は言ってしまえば「変態が、変態的な異能で、変態的に戦う話」

「あー、よくあるエロラノベか」と言って切り捨ててしまうには、あまりに勿体無い作者のセンスに脱帽間違いなしです。

予想しないところで、予想外の切り口からギャグを放り込んでくるので、えび沢は通勤の電車の中で何度も噴出しそうになるのを堪えました。特に某映画のパロディや、3章のアレに気づいた時は、堪えきれない笑いを誤魔化すために、顔を伏せて咳き込んだ振りをしたほど。

この作品のイイ所は、変態的なギャグの応酬と、ノリの良さ、そしてヒロインが可愛いことです。

全てのキャラに見せ場があり、特に主人公の親友である影時は変態無双をしすぎて、主人公やヒロインすら食っちゃってます。

ヒロインの光里の絡みにもニヤニヤさせてもらいました。

強引な展開と強引な変態ギャグで話が進んでいくので、ノリでサクサク読めるラノベが好きな方にはオススメの一冊です。

MF文庫Jのウェブサイト内で、立ち読みが公開されていますので、ぜひ読んでみてください。

立ち読みはこちら

「週刊!ラノオン編集部オススメラノベ」は毎週土曜日の0時に更新予定です。

(C)メディアファクトリー

[関連サイト] MF文庫J