ラノベニュースオンライン11月の月間記事閲覧ランキング

ラノベニュースオンラインロゴ

ラノベニュースオンラインで11月に多くのユーザーから読まれていた記事をランキング形式でお届けする。どんなライトノベル関連ニュースに多くの注目が集まっていたのだろうか。ぜひ確認してみてほしい。

1位

改めて発売の再延期となった『やはりこのキャラソンは間違っている。続』は12月23日発売

2位

電撃文庫編集長三木一馬氏の『面白ければなんでもあり 発行累計6000万部――とある編集の仕事目録』が12月10日発売

3位

TVアニメ『終物語』10月放送話のエンドカードを特設ページにて公開

4位

10日発売の電撃文庫11月刊行ラインナップをご紹介その1。『魔法科高校の劣等生18』『ストライク・ザ・ブラッド14』など

5位

11月14日(土)より放送開始となる『終物語』の<中巻>「しのぶメイル」のPVが公開

6位

『魔法科高校の劣等生(18) 師族会議編<中>』購入者は要確認。一部発生している印刷トラブルについて

7位

15ヶ月連続刊行中! 鎌池和馬氏の『新約 とある魔術の禁書目録(14)』は11月10日発売

8位

初のアンソロジー『緋弾のアリア キャラクター&コミックコンプレックス』が11月21日発売

9位

オーバーラップ文庫刊『ありふれた職業で世界最強』のコミカライズが2016年1月より連載開始

10位

『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』が「このライトノベルがすごい!」3年連続1位を獲得して殿堂入り

1位は「俺ガイル」のキャラソンに関する記事となった。こちらのキャラソンは諸般の事情で発売が数度にわたって延期しており、それだけにファンの注目度も継続的に高いのだろう。その後の発売延期情報は今のところないので、このまま発売となってほしい限りだ。2位は電撃文庫編集長のお仕事本で、業界関係者寄りかと思いきや、ライトノベル読者側も大きな興味を抱いているようである。11月は全体的に電撃文庫に関連する記事が上位にランクインする形となっており、人気タイトルに関連する話題も多かった印象だ。8位と9位は、小説そのものではなく、メディアミックスに関連する記事となっており、派生コンテンツへの興味もまた根強い。11月の人気記事ランキングは電撃文庫関連にウェイトを置きながらも様々なライトノベル関連のネタに注目された形だ。これからも読者の知りたい情報にスポットを当てて行きながら、引き続き情報を皆様にお届けしてまいりたい。

ラノベニュースオンライン編集部