「SUGOI JAPAN」にて『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』大森藤ノ氏のインタビューが掲載

マンガ、アニメ、ラノベ、エンタメ小説など日本の傑作を世界へ羽ばたかせるプロジェクト「SUGOI JAPAN Award2016」。11月16日より各ジャンルの国民投票も開始となっており、ノミネートされているライトノベルにも多くの注目が集まっている。そんな本サイトの特集記事に、GA文庫より刊行されている『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』の著者、大森藤ノ氏のインタビューが掲載されたので紹介したい。

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

⇒ 特集インタビュー記事はこちらから

掲載されたインタビューでは『ダンまち』が生まれたきっかけや、キャラクターたちへの想いなどについて語られており、ファンならずとも興味深く読むことができる必見の内容となっている。本作を読んでいる人はもちろんのこと、まだ読んだことがない人は、読んでみようかなと思うきっかけになればと思う。『ダンまち』そのものもラノベ部門にてノミネートされているので、投票の参考にするといいだろう。

©大森藤ノ/SBクリエイティブ イラスト:ヤスダスズヒト

kiji_line

[関連サイト]

SUGOI JAPAN Award2016

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』特設ページ

GA文庫公式サイト

kiji_line