コミカライズも決定! GA文庫より2月発売の『ゴブリンスレイヤー』の全貌(あらすじ)が明らかに

月刊ビッグガンガンでのコミカライズが既に決定しているGA文庫2月新刊『ゴブリンスレイヤー』のあらすじが公開された。本作は昨今隆盛著しいWEB発作品ではあるものの、その毛色は少し異なるだけに注目度は高い。AA(アスキーアート)と共に紡がれてきた物語がいよいよ小説として刊行される。あらすじが公開されたことで、物語の内容がよりわかりやすくなっているので、ぜひ確認してみてほしい。

ゴブリンスレイヤー

「俺は世界を救わない。ゴブリンを殺すだけだ」

圧倒的人気のweb作品が書籍化!

【あらすじ】

「ゴブリン以外に用はない」 これは、小鬼を殺すだけの男が「冒険者」になることを願う物語。「俺は世界を救わない。ゴブリンを殺すだけだ」 その辺境のギルドには、ゴブリン討伐だけで銀等級(序列三位)にまで上り詰めた稀有な存在がいるという……。冒険者になって、はじめて組んだパーティがピンチとなった女神官。それを助けた者こそ、ゴブリンスレイヤーと呼ばれる男だった。彼は手段を選ばず、手間を惜しまずゴブリンだけを退治していく。そんな彼に振り回される女神官、感謝する受付嬢、彼を待つ幼馴染の牛飼娘。そんな中、彼の噂を聞き、森人(エルフ)の少女が依頼に現れた――。圧倒的人気のWeb作品が、ついに書籍化! 蝸牛くも×神奈月昇が贈るダークファンタジー、開幕!

本作の著者である蝸牛くも氏は、第7回GA文庫大賞(後期)にて、本作とは異なる作品で最終選考に残った経歴を持ち、今回の『ゴブリンスレイヤー』にてデビューとなる。WEB版を知っている人も、知らない人もぜひ注目してもらいたい。また、キャラクターデザインも公開されているのであわせて確認しておこう。

ゴブリンスレイヤー

ゴブリンスレイヤー_キャラ

女神官(左)/受付嬢(右)

女神官受付嬢

牛飼娘(左)/妖精弓手(右)

牛飼娘妖精弓手

ゴブリン

ゴブリン

WEB版『ゴブリンスレイヤー』はこちらでまとめられているので、より作品のことを知りたい方は、読んでみるといいだろう。『ゴブリンスレイヤー』はGA文庫より2月発売だ。

©蝸牛くも/SBクリエイティブ イラスト:神奈月昇

kiji_line

[関連サイト]

GA文庫公式サイト

kiji_line