二人の花嫁との結婚から始まる物語。第17回えんため大賞優秀賞『エンデンブルクの花嫁』の大ボリューム試し読みが公開中

第17回えんため大賞受賞作品の3ヶ月連続刊行として、3月30日に「優秀賞」受賞作『エンデンブルクの花嫁』が発売となる。第17回えんため大賞では唯一の「優秀賞」受賞作品となっており、発売をいよいよ今月末に控え、プレ特集サイトでは本作の大ボリュームの試し読みが公開中となっている。2人の美しい異種族の姫を花嫁に迎えたエンデンブルクの物語をぜひチェックしてもらいたい。

エンデンブルクの花嫁

第17回えんため大賞優秀賞受賞作

――結婚から始まるエンデンブルク国王の波乱の国興し、開幕!

【あらすじ】

「するぞ、結婚!」エンデンブルクの若き国王スレンは宣言した。人魚が制する海の国。エルフが治める森の国。そして強大な帝国。三国に囲まれた小国が繁栄するには政略結婚による持参金と商業同盟しか手段がなかったのだ。かくして娶った人魚のヴィアとエルフのエユランは、両国が誇る美姫だったが、種族間の確執により仲は最悪! しかも夫となったスレンにも頑なな態度で、夫婦円満には程遠く――。美しき花嫁たちと紡ぐエンデンブルク国の物語、開幕!

⇒ 大ボリューム試し読みはこちらから

小国の国王、そしてそんな国王の花嫁としてエンデンブルクにやってきた二人の花嫁はどう心を通わし、どう試練に立ち向かっていくのか、試し読みの続きが非常に楽しみな作品となっている。第17回えんため大賞「優秀賞」受賞作『エンデンブルクの花嫁』はファミ通文庫より3月30日発売。

©水城みなも/KADOKAWA エンターブレイン刊 イラスト:やすも

kiji_line

[関連サイト]

第17回えんため大賞プレ特集サイト

ファミ通文庫公式サイト

kiji_line