週刊!オススメラノベ第2回「東雲侑子は短編小説をあいしている」

「週刊!ラノオン編集部オススメラノベ」第2回をお送りします。オススメさせていただくのは編集長moriです。よろしくお願いします。

さて、今回オススメする作品は……

ファミ通文庫より2011年9月30日発売に発売された森橋ビンゴ先生著、Nardackさんイラストの、「東雲侑子は短編小説をあいしている」です。

あらすじ

何事にも無気力、無関心な毎日を過ごす高校生、三並英太【みなみえいた】。楽そうだからという理由だけで図書委員になった彼は、ともに委員を務める東雲侑 子【しののめゆうこ】の熱のない静けさに、自分の空虚さに似たものを感じていた。しかし偶然彼女の秘密を知ってしまったことから、自分との違いを思い知ら される英太。だが、その秘密のために、彼女と距離を縮めることとなり、失ったはずの感情に胸を締めつけられていく……。早熟な少年少女に贈る、もどかしく 苦いラブストーリー。

迷わずジャケ買いした一冊です。好きな色がブルーなのと、バランスの良いジャケットデザインに一目惚れしました。

内容は真っ青な恋愛小説です。魔法少女や異世界や妖怪やゾンビは出てきません。

僕らの身近な街で現在進行形で進んでいる物語、そんな感じです。

森橋ビンゴ先生の、すうっと入り込める文章はとても読みやすく、小説をあまり読んだことのない人でも読むのに詰まったりしません。それどころかどんどん頁を進めてしまい、ストーリーに引き込まれていくでしょう。読み手と登場人物の心情を重ね合わせて読めるからですね。このあたりの描写は非常に上手いと 感じます。

主人公は高校生で、やっぱりみんなと同じように理由の分からない気だるさやいらだたしさがあって、でも自分でどうしようもないんですよね。自分では大人なつもりなんだけど絶対的な経験値が足りなくて。

特に恋愛に関して。

みんな自分の中に生まれた小さな恋心に気付かない。気付いた後も自分でその気持ちをどうすればいいか分からない。とてももどかしく、じれったくていらだたしい。

本作の中には、「ロミエマリガナの開かれた世界」という短編が差し込まれていて、ふたつの物語が同時に展開していきます。読み進めるにつれて、感情表現の起伏に乏しい東雲侑子の心の動きを短編の主人公・ロミエマリガナが代弁していることに気付くと思いますが、ヒロインの心情を代弁するロミエマリガナのせつなさとヒロインの不器用な部分とが重なって、東雲侑子をとてもいとおしく感じます。個人的ですがNardack先生のイラストもどストライクです。

しっとりとした読後感も格別な一作。是非読んでみてください!

さらに、続刊情報です。

ファミ通文庫から12月26日発売予定の新刊はタイトルが「東雲侑子は恋愛小説をあいしはじめる」に変わって登場。こちらも見逃せません。

(C)エンターブレイン 森橋ビンゴ/Nardack

[関連サイト]

ファミ通文庫

「週刊!ラノオン編集部オススメラノベ」は毎週土曜日の0時に更新予定です。