ラノベニュースオンラインアワード2016年1月刊の投票アンケート結果を発表

01

ラノベニュースオンラインアワード2016年1月刊の投票アンケート結果を発表いたします。得票数の多かった順から【総合部門】【総合新作部門】【新作部門】にて3作品ずつ、【熱かった部門】【感動した部門】【笑った部門】では1作品ずつ選出しました。2016年最初のトレンドとなる作品は以下の作品です!

2016年1月刊

総合部門

りゅうおうのおしごと!(GA文庫)

りゅうおうのおしごと! 2 (GA文庫)

この素晴らしい世界に祝福を!(スニーカー文庫)

この素晴らしい世界に祝福を! (8) アクシズ教団VSエリス教団 (角川スニーカー文庫)

ようこそ実力至上主義の教室へ(MF文庫J)

ようこそ実力至上主義の教室へ (3) (MF文庫J)

総合部門は全得票数の中から部門を問わず、得票数の多かった作品が選出されています。2巻が発売となったGA文庫刊『りゅうおうのおしごと!』、8巻が発売となったスニーカー文庫刊『この素晴らしい世界に祝福を!』、3巻が発売となったMF文庫J刊『ようこそ実力至上主義の教室へ』の3作品が選出されました。『りゅうおうのおしごと!』については「将棋ラノベはどういう感じになるかと思って読み始めた「りゅうおうのおしごと」ですが、白鳥先生らしい安定した面白さがありました」や「最も熱くて、感動して、そして笑わせてもらった作品として『りゅうおうのおしごと!2』を挙げないわけにはいきません」といった感想も寄せられました。続いては個別部門です。

2016年1月刊

熱かった部門

りゅうおうのおしごと!(GA文庫)

りゅうおうのおしごと! 2 (GA文庫)

2016年1月刊

感動した部門

終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?(スニーカー文庫)

終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか? (4) (角川スニーカー文庫)

2016年1月刊

笑った部門

この素晴らしい世界に祝福を!(スニーカー文庫)

この素晴らしい世界に祝福を! (8) アクシズ教団VSエリス教団 (角川スニーカー文庫)

GA文庫刊『りゅうおうのおしごと!』が熱かった部門を、スニーカー文庫刊『この素晴らしい世界に祝福を!』が笑った部門を制しました。総合部門とあわせてそれぞれ2冠となりました。『この素晴らしい世界に祝福を!』には「久しぶりにこんなに笑えるラノベに出会いました!!」や「毎巻とても面白いです!これからも楽しみにしてます これからも頑張って下さい!」との感想も寄せられました。また、感動した部門では4巻が発売となったスニーカー文庫刊『終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?』が最多得票となりました。続いては新作です。

2016年1月刊

新作総合部門

アサシンズプライド 暗殺教師と無能才女(ファンタジア文庫)

アサシンズプライド 暗殺教師と無能才女 (ファンタジア文庫)

マルクスちゃん入門(ダッシュエックス文庫)

マルクスちゃん入門 (ダッシュエックス文庫)

転生少女の履歴書(ヒーロー文庫)

転生少女の履歴書 1 (ヒーロー文庫)

新作総合部門では全得票数の中から部門を問わず、得票数の多かった新作が選出されています。ファンタジア文庫刊『アサシンズプライド』、ダッシュエックス文庫刊『マルクスちゃん入門』、ヒーロー文庫刊『転生少女の履歴書』が選出されました。2年ぶりのファンタジア大賞の「大賞」受賞作は内容でも非常に評価され、頭ひとつ抜きんでての選出となりました。『マルクスちゃん入門』については「だからおかゆまさきに本気を出させるとこうなっちゃうよって言ったじゃん!」との感想も寄せられました。

2016年1月刊

新作部門

アサシンズプライド 暗殺教師と無能才女(ファンタジア文庫)

アサシンズプライド 暗殺教師と無能才女 (ファンタジア文庫)

非オタの彼女が俺の持ってるエロゲに興味津々なんだが……(ファンタジア文庫)

非オタの彼女が俺の持ってるエロゲに興味津々なんだが…… (ファンタジア文庫)

セブンサーガ ~七つの大罪 赤き竜は憤怒に燃えて~(電撃文庫)

セブンサーガ ~七つの大罪 赤き竜は憤怒に燃えて~ (電撃文庫)

新作部門では、ファンタジア文庫刊『アサシンズプライド』が新作総合部門とあわせて2冠に。「今後への期待値が高く持てる作品でした」との感想も寄せられた。一方で、新作総合部門では選出されなかったファンタジア文庫刊『非オタの彼女が俺の持ってるエロゲに興味津々なんだが……』、電撃文庫刊『セブンサーガ ~七つの大罪 赤き竜は憤怒に燃えて~』が選出される結果となりました。『非オタの彼女が俺の持ってるエロゲに興味津々なんだが……』では、「こんなヒロインの女の子と高校生活に出会いたかったです。彼氏のことを一生懸命知ろうとしている姿がとても可愛いですし主人公の理想の女の子を目指して少し暴走気味に頑張るところも面白かったです」との感想も寄せられました。

有効票数は130票。2016年1月刊は以上の結果となりました。選出作品は年間アワードへのノミネート作品となるとともに、いずれも2016年のライトノベルをさらに盛り上げる作品となるに違いありません。ライトノベルはどの作品を読んだらいいかわからない、時代の流れに乗っている作品を読みたい、そんな方々はぜひ選出作品を読んでみましょう。

また、残念ながら今回のタイミングでノミネートは叶いませんでしたが、複数の投票者から注目を集めていた作品として、熱かった部門ではオーバーラップ文庫刊『異世界迷宮の最深部を目指そう』、笑った部門ではスニーカー文庫刊『俺の脳内選択肢が学園ラブコメを全力で邪魔している』なども惜しい結果となりました。今後開催を予定しているノミネート選出にて、要注目の作品となることは間違いないでしょう。

ラノベニュースオンライン2016年2月刊のアンケート投票も3月上旬より予定しております。2016年の2月刊であなたが読み、そしてオススメしたい作品にぜひ投票してみてください。