ファンタジア文庫刊『ロクでなし魔術講師と禁忌教典』のアニメ化企画が進行中

ファンタジア文庫より刊行されている羊太郎氏の『ロクでなし魔術講師と禁忌教典』のアニメ化企画が進行中である旨発表された。本作は第26回ファンタジア大賞にて「大賞」を受賞した作品となっており、3月19日には初の短編集も発売となる。本作の特設ページでも「アニメ化企画進行中!」の文字が大きく掲載され、魔術嫌いの魔術講師が織り成すひねくれヒロイックファンタジーがアニメ化に向けていよいよ動き出した。

ロクでなし魔術講師と禁忌教典

【第1巻あらすじ】

アルザーノ帝国魔術学院非常勤講師・グレン=レーダスは、自習→居眠りの常習犯。まともに教壇に立ったと思いきや、黒板に教科書を釘で打ち付けたりと、生徒もあきれるロクでなし。そんなグレンに本気でキレた生徒、“教師泣かせ”のシスティーナ=フィーベルから決闘を申し込まれるも――結果は大差でグレンが敗北という残念な幕切れで……。しかし、学院を襲う未曽有のテロ事件に生徒たちが巻き込まれた時、「俺の生徒に手ぇ出してんじゃねえよ」グレンの本領が発揮される!第26回ファンタジア大賞<大賞>受賞の新世代学園アクションファンタジー!

また、3月19日発売のドラゴンマガジン5月号では、表紙&巻頭カラーで本作の特集も行われる。気になる方はぜひドラゴンマガジン5月号も手に取ってみるといいだろう。今後のアニメ化企画に関する続報を待ちたい。

©羊太郎/KADOKAWA 富士見書房刊 イラスト:三嶋くろね

kiji_line

[関連サイト]

『ロクでなし魔術講師と禁忌教典』特設ページ

ファンタジア文庫公式サイト

kiji_line