幻のTVアニメ第2期を描いたファミ通文庫刊『翠星のガルガンティア ~遥か、邂逅の天地~』の未収録資料が公開

2013年4月よりTVアニメ放送が行われ、劇場版も公開された『翠星のガルガンティア』。そんな本作の幻のTVアニメ第2期を描いた『翠星のガルガンティア ~遥か、邂逅の天地~』が、ファミ通文庫より2015年8月29日、そして2016年3月30日に上下巻構成で発売された。発売したばかりの下巻巻末にも、上巻に引き続き各種設定資料が収録されており、巻末などは完全なネタバレとなることからパラ見すらも注意が必要なくらいだ。そしてページ数の都合上で書籍に収録できなかった未収録資料が、このたび公開されることとなった。『翠星のガルガンティア ~遥か、邂逅の天地~』上下巻を読んだ後、ぜひとも公開された資料集にも目を通してほしい。

翠星のガルガンティア~遥か、邂逅の天地~下

あなたに見極めてほしい。この星が、置き去りにした未来を――

『翠星のガルガンティア』全ての謎が紐解かれるシリーズ完結巻!!

【下巻あらすじ】

『あなたのことを知っている』人の言葉を解し、この星の因果を語り継ぐ深海からの使者、リヴ。自らの使命を明かしたリヴは、レドに一つの願いを託す。スカヤの凶報をきっかけに、ラッセルはアウグストニア軍人となる道を選んだ。リヴの切なる願いをよそに、少年は人々を苦難に閉ざしてきたものの正体を暴くべく闘いへと身を投じてゆく。一方、祖国に見放されたスカヤはポーラと名を変え、リベリスタン最強の闘士として選抜された。知能を劇的に発展させたイグナイトとともに、少女もまた遥かな高みを目指す。数奇なる運命が交錯する”武闘の儀”――そこに秘められた世界の真実が、遂にその姿を現す!

⇒ 書籍未収録の設定資料はこちらから

鳴子ハナハル氏のキャラクターデザイン、小倉信也氏による企画段階のSF設定画像、村田監督による2期用イメージスケッチ&書籍解説など、盛りだくさんな内容となっている。いずれも泣く泣く未収録となった資料ばかりなので、ぜひ目を通してもらいたい。幻のTVアニメ第2期を紡いだ『翠星のガルガンティア ~遥か、邂逅の天地~』上下巻は、ファミ通文庫より好評発売中だ。

©谷村大四郎/KADOKAWA エンターブレイン刊 イラスト:鳴子ハナハル

©オケアノス/「翠星のガルガンティア」製作委員会

kiji_line

[関連サイト]

『翠星のガルガンティア ~遥か、邂逅の天地~』特集ページ

ファミ通文庫公式サイト

kiji_line