「第三回なろうコン大賞(現:ネット小説大賞)」より23作品目となる追加書籍化作品が発表

小説投稿サイト「小説家になろう」にて開催、2015年に書籍化作品が計22作品に渡って発表されていた「第三回なろうコン大賞(現:ネット小説大賞)」より、23作品目となる書籍化作品の発表が行われた。本発表は4月8日(金)に放送された「ぽにきゃん ぜん部!」内にて発表。追加での書籍化が決定したのは白城海氏の『悪討賭博師 D&D』。本著者はアルファポリス開催の第6回ミステリー小説大賞にて「大賞」と「読者賞」のW受賞も果たしており、サプライズによる「第三回なろうコン大賞」の23作品目の書籍化となった。

ネット小説大賞

【『悪討賭博師 D&D』あらすじ】

ゲーム中で得たカネが、そのまま現実世界の札束となって降ってくる悪魔のRPG 《ダイモンズ・フロンティア》。代償は一つ。『ゲーム内のキャラクターが死んだ場合、プレイヤーも死ぬ』。カネで命を買う死のゲームを攻略するのは――賭博で収監中の悪党刑事と、お人好しの女子校生。生命の危機と欲望が渦巻く世界で二人が編み出した攻略法は、悪魔のゲームを根本から否定するものだった……!

⇒ 『悪討賭博師 D&D』はこちらから

本作は今後、ぽにきゃんBOOKSより刊行に向けて動いていくこととなるだろう。今回の発表を含め、「第三回なろうコン大賞」は計23作品の作品を世に送り出すこととなった。そして現在選考中の『第四回ネット小説大賞』でも、同等かそれ以上の書籍化が期待される。二次選考結果は4月下旬発表予定とのことなので、引き続き注目していきたい。

kiji_line

[関連サイト]

『第四回ネット小説大賞』特設サイト

『第三回なろうコン大賞』特設サイト

小説投稿サイト「小説家になろう」

kiji_line