渡瀬草一郎氏が描く『ソードアート・オンライン クローバーズ・リグレット』が「電撃文庫MAGAZINE 50号」より連載開始

電撃文庫の大人気シリーズ『ソードアート・オンライン』の新たな物語のスタートが決まった。作品コードネームは『クローバーズ・リグレット』。SAOサバイバーのとある「探偵」プレイヤーが主人公の物語となり、6月10日発売の「電撃文庫MAGAZINE 50号」より連載がスタートする。本作を執筆するのは、第7回電撃ゲーム小説大賞(現:電撃小説大賞)にて「金賞」を受賞、『パラサイトムーン』や『空ノ鐘の響く惑星で』、『輪環の魔導師』を手掛けた渡瀬草一郎氏だ。ファンタジー小説の旗手がまったく新しいSAOの世界を創造する。

ソードアート・オンライン

『ソードアート・オンライン』のスピンオフ小説は、時雨沢恵一氏が紡ぐ『ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン』に次いで2作目となる。また、本企画は電撃文庫MAGAZINE 50号突破記念企画「電撃文庫リザレクションシリーズ」として始動。今後も人気作家が大人気タイトルの世界観を活かして、様々な化学反応を起こしていくこととなる。参戦タイトル&作家陣は今後も追加予定となっているので続報に期待だ。『ソードアート・オンライン クローバーズ・リグレット』は、6月10日発売の「電撃文庫MAGAZINE 50号」より連載開始。楽しみに待ちたい。

©川原礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス イラスト:abec

kiji_line

[関連サイト]

電撃文庫公式サイト

kiji_line