上橋菜穂子氏のファンタジー小説アニメ『精霊の守り人』がNHK総合にて4月29日(金・祝)より再放送が決定

上橋菜穂子氏のファンタジー小説のアニメ『精霊の守り人』がNHK総合にて4月29日(金・祝)より再放送されることが決定した。アニメの再放送は2016年3月から4週に渡って放送されたドラマ「精霊の守り人」の好評を受けて決定したもの。本作は「守り人」シリーズとして、1996年に偕成社より刊行がスタート、2007年には文庫として新潮文庫より刊行され、月刊少年ガンガンでもコミカライズが行われていた。再放送では2007年に放送されたアニメ全26話を放送する。第1話を4月29日(金・祝)から、第2話以降は毎週(土)午前1:25より放送が行われる。

精霊の守り人

【あらすじ】

短槍使いの女用心棒・バルサは、久しぶりに訪れた新ヨゴ皇国の街で、突然暴走した牛車から、川に振り落とされた皇子を助ける。バルサが助けた少年は、新ヨゴ皇国の第二皇子チャグム。彼は100年に一度卵を産む水の精霊に卵を産みつけられ、《精霊の守り人》としての運命を背負わされた者だった。そんなチャグムを疎ましく思う父帝が、彼を亡き者にしようと追っ手を差し向けていると感じた母妃は、バルサの腕を見込んで、チャグムの用心棒を引き受けてくれと頼む。帝を敵に回すという、命の保証が無い仕事をなぜか引き受けたバルサは、宮に火を放つように指示して、燃え盛る炎を背に、チャグムをつれて宮を脱出するのだった。二人に執拗に迫る追っ手からの逃避行・・・しかし、この世と平行して存在する《ナユグ》の魔物もまたチャグムの身体にある卵を食らおうと狙っていた。水の精霊とは?様々な謎がバルサとチャグムの前に立ちはだかる。

【放送スケジュール】

第1話 4月29日(金・祝) 23:20~

第2話以降 毎週(土) 1:25~ (金曜深夜)

【キャスト】

バルサ: 安藤麻吹

チャグム: 安達直人

タンダ: 辻谷耕史

トロガイ: 真山亜子 ほか

【スタッフ】

監督・脚本: 神山健治

キャラクターデザイン: 麻生我等

音 楽: 川井憲次

アニメーション制作:プロダクションI.G

アニメ『精霊の守り人』第1話はNHK総合にて4月29日(金・祝)より再放送開始。

©上橋菜穂子/偕成社/「精霊の守り人」製作委員会

kiji_line

[関連サイト]

アニメ『精霊の守り人』公式サイト

放送90年大河ファンタジー「精霊の守り人」(ドラマ)公式サイト

kiji_line