優秀賞に3作品が選出! 第8回GA文庫大賞の結果が発表

第8回GA文庫大賞の結果発表が行われた。前期で706作品、後期で840作品、通期で1,546作品の応募があり、7作品が「奨励賞」に選出されていた。応募数は過去最高を更新した。そして通期で受賞した7作品のうち、3作品が「優秀賞」に選出される結果となった。残念ながら今回の小説大賞で「大賞」の受賞はなかった。

サ法使いの師匠ちゃん2

第7回GA文庫大賞「優秀賞」受賞作「サ法使いの師匠ちゃん」

<優秀賞>

『そのオーク、前世(もと)ヤクザにて』/著:機村械人

『例えばラストダンジョン前の村の少年が都会にあこがれ序盤の街で暮らすような物語』/著:サトウとシオ

『ギャンブル・ウィッチ・キングダム』/著:菱形三覚

<奨励賞>

『黄昏し神々』/著:徒埜けんしん

『Bright Blood』/著:中村ヒロ

『こちら、厚生省エンタメ汚染症対策推進室』/著:西島ふみかる

『デボネア・リアル・エステート』/著:山貝エビス

⇒ 第8回GA文庫大賞の結果はこちらから

結果発表ページでは、受賞7作品のあらすじが公開されているほか、総評と各作品の選評が行われているので、あわせて確認してもらいたい。受賞作品については、昨年と同様に2016年後半より刊行されることとなるだろう。ぜひ楽しみにしたい。なお、現在は第9回GA文庫大賞(前期)の応募受付が行われている。

©春原煙/SBクリエイティブ イラスト:狐印

kiji_line

[関連サイト]

GA文庫大賞ページ

GA文庫公式サイト

kiji_line