オーバーラップ文庫刊『現実主義勇者の王国再建記』特設サイトが公開 発売後即重版の異世界施政ファンタジー

オーバーラップ文庫より5月25日に発売となったどぜう丸氏の『現実主義勇者の王国再建記』特設サイトが公開された。現在はPixivで連載の行われている作品で、「グランドフェスタ」にラインナップされるタイトルのひとつでもある。発売直後の週間売上ランキングでもベスト10入りしており、その直後には重版が発表されるなど話題となっていた。異世界に召喚されるも冒険に出ることなく、王位を譲られ国造りに着手することになる異世界施政ファンタジーだ。

現実主義勇者の王国再建記1

この国を作るのは「俺だ」

【あらすじ】

「おお、勇者よ!」 そんなお決まりのフレーズから異世界に召喚された相馬一也の冒険は――始まらなかった。自らを守るためにした富国強兵の献策が国王に気に入られてしまったソーマは、なんと王位を譲られてしまう! しかも国王の娘を婚約者とされ、逃れられない状況になってしまい――。こうしてソーマは冒険に出ることもなく、国を再建するための人材募集を始める。これから出会う人々は、果たしていかなる多種“多才”な能力を持っているのか……!? 「小説家になろう」発、かつてない革新的なファンタジーがここに開幕!

公開された特設サイトでは、本作に登場するキャラクター紹介をはじめ、主人公のソーマが掲げた国造りの政策紹介なども行われている。また、重版を受けて販売店の店員の声も紹介されている。気になった読者は試し読みでチェックしてみるといいだろう。『現実主義勇者の王国再建記』は、オーバーラップ文庫より好評発売中。

©どぜう丸/オーバーラップ イラスト:冬ゆき

kiji_line

[関連サイト]

『現実主義勇者の王国再建記』特設サイト

オーバーラップ文庫公式サイト

kiji_line