ファンタジア文庫刊『いづれ神話の放課後戦争』のコミカライズ連載が本日発売の月刊コミックアライブ8月号より開始

ファンタジア文庫刊『いづれ神話の放課後戦争〈ラグナロク〉』のコミカライズ連載が、6月27日発売の「月刊コミックアライブ8月号」にて開始となった。本作のコミカライズは7月号でプレ連載が実施され、8月号より本格連載がスタートした。コミカライズの作画はしのはらしのめ氏が担当しており、第1章「夜時間の邂逅」が掲載。圧倒的スケールで描かれる学園ヒロイックサーガのコミカライズに注目だ。

いづれ神話の放課後戦争

【あらすじ】

かつて地上に顕れた7つの神話の争いが終結してから十年――。先の戦争で妹を奪われた少年・雷火は絶海の孤島にある『学園』に降り立つ。ここでは夜時間と呼ばれる放課後、神々の力を宿す生徒たちによる『神話代理戦争』が行われていた! 神々が世界の覇権を争う注目の学園ヒロイックバトルサーガ、本格連載開始!

また本作の原作小説では、CM映像や小西克幸氏による朗読が公開されるなど、非常に注目されている作品だ。コミカライズ版を読んだ読者は、原作小説はもちろんスペシャルサイトで公開中の朗読も聴いてみてもらいたい。『いづれ神話の放課後戦争〈ラグナロク〉』はファンタジア文庫より、第3巻まで発売中だ。

©なめこ印しのはらしのめよう太/KADOKAWA刊

kiji_line

[関連サイト]

『いづれ神話の放課後戦争〈ラグナロク〉』スペシャルサイト

ファンタジア文庫公式サイト

kiji_line