ティーンズ向け小説「KCG文庫」創刊

角川コンテンツゲートから、中高生向けのオリジナル小説レーベルが創刊。創刊ラインナップが発表されている。

角川コンテンツゲートが、新たな小説レーベル「KCG文庫」を創刊する。

第1弾は、「E★エブリスタ×角川コンテンツゲートヒーロー小説大賞」というケータイ小説コンテストの受賞作など、6作が刊行される予定とのこと。

書籍の販売は10月29日で、スマートフォン向けアプリBOOK☆WALKERで10月27日に先行配信される。

★中高生のためのファーストノベル

児童書を卒業した中高生が初めて読む本格小説として、読者等身大の主人公の“頑張る姿”を描いた作品をテーマに提供していきます。

それにより中高生が自ら頑張りたくなる気持ちを湧き立たせ、小説に対する興味と情熱を喚起させるような作品を生み出していきます。

角川コンテンツゲート公式サイトより)

[関連サイト]

角川コンテンツゲート公式サイト

KCG文庫の公式サイト