『狼と香辛料』の新説始動 ホロとロレンスの娘ミューリを描く物語『新説 狼と香辛料 狼と羊皮紙』が2016年9月に発売決定

2016年、狼と香辛料&支倉凍砂の10周年を記念した公式サイトの開設をはじめ、電子合本版企画や『狼と香辛料』の続編を描くSpring Log編の連載など、多くの企画が展開される中、ついに『狼と香辛料』の新たな物語の始動が決定した。電撃文庫より2016年9月に発売となる『新説 狼と香辛料 狼と羊皮紙』は、ホロとロレンスの娘であるミューリの物語を紡ぐ。イラストは前作から引き続き文倉十氏が務める。さらに同月にはシリーズ10周年を記念して、第18巻目を冠する『狼と香辛料XVIII Spring Log』の発売も決定。続編の連載に続き『狼と香辛料』の新たな物語が動き出す。

狼と香辛料1

【あらすじ】

ホロとロレンスの娘、ミューリの物語が開幕! 青年コルは聖職者を志し、ロレンスが営む湯屋を旅立つ。そんなコルの荷物には、狼の耳と尻尾を持つミューリが潜んでおり!?

また、10周年を記念して実施されている電子合本版企画では、第2弾となる『マグダラで眠れ&少女は書架の海で眠る』の配信が開始された。『マグダラで眠れ』第1~8巻に加え、世界観を同じくしたスピンオフ『少女は書架の海で眠る』を1冊にまとめた豪華版となっている。電子合本版限定の書き下ろしショートストーリーやあとがきにも注目だ。

マグダラで眠れ&少女は書架の海で眠る

そして狼と香辛料&支倉凍砂10周年公式サイトでは、『狼と香辛料 Spring Log編 黄金色の記憶≪後編≫』も公開されているので、あわせてチェックしよう。また、新説が気になるけれど前作を読んでいない読者は、『狼と香辛料』第1~17巻を収録した電子合本版も6月に発売となっている。新説発売前に手を伸ばしてみるのもいいだろう。ファン待望となる新説をはじめ、『狼と香辛料』の続報を楽しみにしたい。

©支倉凍砂/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊 イラスト:文倉十

kiji_line

[関連サイト]

狼と香辛料&支倉凍砂10周年公式サイト

電撃文庫公式サイト

kiji_line