「ファウスト」が次号、vol.9で解散

「戦うイラストーリー・ノベルスマガジン」ファウストが次号で解散になることが、編集長・太田克史のtwitterで発表された。

現在、vol.8が発売中のファウスト。 ファウストの編集長・太田克史のtwitterで、ファウストが次号vol.9で解散になることが発表された。

ファウストは、太田克史の一人編集雑誌として知られ、西尾維新、奈須きのこ、上遠野浩平、竜騎士07なども執筆していた。

作品ごとにフォントを変えたり、評論を多く載せたりと、根強い人気を誇っていた雑誌だけに、休刊は悔やまれる。

以下は、編集長・太田克史のツイートより。

03年のスタートから、ゼロ年代という時代を僕は『ファウスト』とその仲間たちと一緒に駆け抜けてきました。
まだ誰も開けたことない新しい扉を、いくつもいくつも開け放ってきました。
 
それは『ファウスト』という運動体が起こした“奇跡”でした。
たった一人が編集した文芸雑誌が、波のように時代を覆っていく。
僕がもし10代の少年だったなら…一読者としてその光景に夢中になっていたことだけは確実です。
 
『ファウスト』は、本当にわがままな文芸雑誌だったと思います。
そのわがままを受け入れてくれた読者の“あなた”に改めてありがとうを言わせてください。
ありがとう!
 
「『ファウスト』は次号、Vol.9で“解散”します!」