HJノベルス刊『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。』のコミカライズ連載が本日より開始 アットホームファンタジー開幕

本日、7月22日よりHJノベルス刊『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。』のコミカライズ連載が、無料漫画サイト「ComicWalker」にて開始となった。青年と魔人族の少女との出会いから始まる本作のコミカライズの作画はほた。氏が担当。第1話「青年、ちいさな娘と出会う。」がカラーページを含む20ページで公開され、デイルとラティナの出会いが描かれている。いよいよスタートとなったコミカライズ版もぜひ読んでもらいたい。

うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。

【あらすじ】

高い戦闘技術と冷静な判断力を武器に、若くして頭角を現し、近隣にその名を轟かす冒険者の青年デイル。とある依頼で深い森の中を訪れた彼は、そこでガリガリに痩せ細った幼き魔人族の少女と出逢う。罪人の烙印を背負った少女・ラティナをそのまま森に捨て置くことが出来ず、彼女の保護者になる決意をしたデイルだったが……。

⇒ コミカライズ版『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。』はこちら

次回の更新は8月22日(月)が予定されており、月イチでの更新となりそうだ。先の展開が気になる方は、ぜひ原作小説も読んでみるといいだろう。HJノベルス刊『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。』は第4巻まで好評発売中。

©CHIROLU/ホビージャパン イラスト:景

kiji_line

[関連サイト]

ComicWalker

『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。』特設ページ

HJノベルス公式サイト

kiji_line