7月より放送中のTVアニメ『クオリディア・コード』のコミカライズがジャンプSQ.9月号より連載決定

好評放送中のTVアニメ『クオリディア・コード』のコミカライズが「ジャンプSQ.9月号」より連載開始となることが決まった。本作はさがら総氏×橘公司氏×渡航氏による作家ユニット「Speakeasy」が贈る、レーベルを跨いだシェアワールドプロジェクトとして始動している。TVアニメのノベライズもダッシュエックス文庫より発売が決定しており、コミカライズの始動もいよいよ間近となった。コミカライズ版の作画は、前田理想氏が担当することも決まっている。レーベルを跨ぐ本シリーズは、TVアニメを経てノベライズ、そしてコミカライズも動き出す。

クオリディア・コード

コミカライズ連載は8月4日発売の「ジャンプSQ.9月号」より、センターカラーで開始となる。『クオリディア・コード』に関してはTVアニメはもちろん、各シリーズやノベライズ、コミカライズと多方面で注目が集まる。シリーズ最新刊はガガガ文庫より千葉編を紡ぐ『どうでもいい 世界なんて ―クオリディア・コード―』が発売中。TVアニメのノベライズも8月より、ダッシュエックス文庫より順次刊行となる。

©Speakeasy・マーベラス/クオリディア製作委員会

kiji_line

[関連サイト]

『クオリディア・コード』公式サイト

kiji_line