オーバーラップ文庫刊『灰と幻想のグリムガル』第9巻&『魔法使いと僕』同時発売記念サイン会がアニメイト秋葉原にて開催

8月25日にオーバーラップ文庫より発売となる『灰と幻想のグリムガル』第9巻&『魔法使いと僕』の同時発売を記念したサイン会がアニメイト秋葉原にて開催されることが決まった。サイン会には両作品の著者である十文字青氏を招いて開催される。なお、サイン会は2回に渡って行われる。関東近郊にお住まいの方は、サイン会へとぜひ足を運んでみてほしい。

灰と幻想のグリムガル9

何度おなじ過ちを犯せば……おれたちは……。

【あらすじ】

ジャンボという名のオーク率いるフォルガンとの戦いが混迷を極める最中、ハルヒロたちはかつてない危機を迎えていた。ランタのフォルガンへの寝返り。そして、一人また一人と散り散りになっていく過酷な撤退戦。パーティのみんなの安否がわからないまま、ハルヒロたちは自分たちにとってパーティの仲間が、どんな存在だったかを再認識していく。失いそうになってはじめて知るそれを、ハルヒロたちは本当に失ってしまうのか、それとも――。霧深き千の峡谷(サウザンバレー)で、“孤独”という敵と相まみえる時、灰の中から生まれし冒険譚は新たな一幕を紡ぎはじめる。

『灰と幻想のグリムガル9』&『魔法使いと僕』発売記念十文字青先生サイン会

開催日時: 2016年8月27日(土)

会場: アニメイト秋葉原

開場/開演: 12:30/13:00【1回目】、14:30/15:00【2回目】

出演: 十文字青

また、サイン会への参加には「イベント参加券」が必要となるので注意してもらいたい。「参加券」の配布は8月25日に発売となる『灰と幻想のグリムガル』第9巻、または『魔法使いと僕』をアニメイト秋葉原店にて予約(全額内金)された方、または購入された方を対象に先着で配布される。サイン会への参加を希望される方は、早めに参加券をゲットしておきたい。

⇒ サイン会の詳細はこちら

0723_rough_OVLbunko_cover_se15mm

これは“生きる”ことの意味を探す旅――。

【あらすじ】

少年は故郷と同胞を奪われて一人だった。少女は旅の荷物さえ失って行き倒れていた。カルルとエルシー。むさぼるように拡大を続ける「帝國」の辺土で二人は出会う――。人と亜人。名前もない小さな村で身を寄せあい暮らすひとびと。命は散り、花は咲く。コルタポ。辺土の商都。そこではひとがひとを売りさばき、ひとがひとを所有する。逆らいがたきその現実。引き離される二人。果たしてそれは運命なのか。巻き起こる騒乱。糸を引く者。引かれる者。あらがう者。うつむく者。前を向く者。「――ぼくらはとにかく、種をばらまく」「死ぬなんて、だめです!」「ひとを救うのって、簡単じゃないよ。きっと」 少年と少女が“生きる”意味を求めて旅する珠玉のファンタジー、ここに開幕!

十文字青氏が綴る『灰と幻想のグリムガル』第9巻と『魔法使いと僕』は8月25日に同時発売。

©十文字青/オーバーラップ イラスト:白井鋭利

©十文字青/オーバーラップ イラスト:細居美恵子

kiji_line

[関連サイト]

十文字青特設サイト

オーバーラップ文庫公式サイト

kiji_line