TVアニメ『クオリディア・コード』のコミカライズ連載が本日発売のジャンプSQ.9月号よりセンターカラーで開幕

好評放送中のTVアニメ『クオリディア・コード』のコミカライズ連載が、8月4日発売の「ジャンプSQ.9月号」より堂々スタートした。コミカライズの作画は前田理想氏が担当しており、第1話「残存世界のグロリア」はセンターカラーを飾った。掲載のコミック第1話は、ちょうどTVアニメの第1話に相当した内容となっている。放送中のTVアニメはもちろん、8月25日にはダッシュエックス文庫より渡航氏が手掛けるノベライズの発売も決定しており、レーベルを跨いだシェアワールドプロジェクトは、メディアも跨ぎまだまだ拡大する。

クオリディア・コード

いよいよ連載が開始となったコミカライズ版『クオリディア・コード』。先の展開は放送中のTVアニメ、または発売間近のノベライズ版『クオリディア・コード』でチェックしてもらいたい。シリーズ最新刊はガガガ文庫より千葉編を紡ぐ『どうでもいい 世界なんて ―クオリディア・コード―』が発売中。TVアニメのノベライズ版はダッシュエックス文庫より8月25日に発売する。

©Speakeasy・マーベラス/クオリディア製作委員会

kiji_line

[関連サイト]

『クオリディア・コード』公式サイト

kiji_line