『魔法少女育成計画』のスピンオフコミック『魔法少女育成計画 F2P』の連載が本日よりスタート 美しく、可憐で……残虐――

2016年10月1日より順次TVアニメ放送も開始となるこのライトノベルがすごい!文庫刊『魔法少女育成計画』の完全新作コミカライズ『魔法少女育成計画 F2P』連載が、「このマンガがすごい!WEB」にて開始となった。本作のストーリーは原作著者の遠藤浅蜊氏の書き下ろしとなっており、登場する魔法少女のデザインもまた、原作のイラストを担当するマルイノ氏が実施。新たに始動したスピンオフコミカライズの作画は柚木涼太氏が担当している。第1話では「人の死をキャンセルする」能力を持つ魔法少女を調査、確保するという指令を受け、2人の魔法少女が向かうのだが……。原作の雰囲気をしっかりと受け継ぐ、スピンオフコミカライズもぜひ読んでもらいたい。

魔法少女育成計画F2P

【ストーリー】

「魔法の国」の研究部門、人事部門に所属する魔法少女・すぴのんとアルマは、F市に存在する「人の死をキャンセルする」能力を持つ魔法少女を調査、確保するという指令を受け、F市に向かっていた。ところがF市に着いた2人が見たものは、まったく想像だにしていないものだった――――。

⇒ コミカライズ『魔法少女育成計画 F2P』はこちら

次回の更新は9月9日(金)が予定されており、かなり早い更新ペースとなりそうだ。魔法の国とレジスタンスの物語は、今後どういった展開となるのか目が離せそうにない。

©遠藤浅蜊・柚木涼太マルイノ/宝島社

kiji_line

[関連サイト]

このマンガがすごい!WEB

このライトノベルがすごい!文庫公式サイト

kiji_line