ヒーロー文庫刊『ネクストライフ』のコミカライズが決定 月刊少年エースにて連載予定

9月30日に最新10巻が発売となるヒーロー文庫刊『ネクストライフ』のコミカライズが、「月刊少年エース」にて開始となることが明かされた。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発のゲームの世界に紛れ込んでしまう人気ファンタジー作品となっており、大台の10巻を迎えるにあたってメディアミックス化が決定した。2016年6月のヒーロー文庫3作品のコミカライズ発表時には、タイトルとして挙がっていなかった作品であることから、別ルートで着々と進行していたと考えられる。連載の開始は今秋から今冬にかけてのタイミングとのことなので、続報を楽しみにしたい。

ネクストライフ10

【第1巻あらすじ】

山田隆司はネットゲーム「ファンタジー・アドベンチャー・オンライン」にはまっている高校生。ある時、スキー部の合宿で行った雪山で遭難するが、目を覚ますとそこにはゲームと同じく二つの太陽が浮かんでいた――。ここはゲームの世界なのか?困惑し疑惑を強くする中、一人の少女と出会う。ゴブリンやオークらと森の中で暮らす彼女とともに生活するようになる隆司だったが、突如追手が現れて穏やかな日々は終わりを告げる。彼女は一体何者なのか?追手の目的とは?

ヒーロー文庫刊『異世界食堂』もコミカライズを発表 3作品が2016年秋頃より連載スタート

コミカライズの作画担当などについても、今後の発表を待ちたいところだ。コミカライズが決定したこの機会に、原作小説にぜひ触れてみてもらいたい。『ネクストライフ』第10巻は、ヒーロー文庫より9月30日発売。

©相野仁/主婦の友社 イラスト:マニャ子

kiji_line

[関連サイト]

ヒーロー文庫公式サイト

kiji_line