角川文庫版『サクラダリセット』が9月24日発売 傑作SF青春ストーリーがタイトルや表紙などを変えて刊行へ

スニーカー文庫の人気シリーズとして多くのファンを魅了した河野裕氏の『サクラダリセット』が、装いなどを新たに角川文庫版として9月24日より刊行がスタートする。スニーカー文庫版は2009年から2012年にかけてシリーズ化、能力者が暮らす街「咲良田」を舞台にしたSF青春ストーリーを7巻に渡って刊行した。新たに発売となる角川文庫版では、英語表記だったサブタイトル「CAT, GHOST and REVOLUTION SUNDAY」を和訳である「猫と幽霊と日曜日の革命」に置き換え、メインタイトルに。正式タイトルは『猫と幽霊と日曜日の革命 サクラダリセット1』となっている。イラストも椎名優氏からとろっち氏に変更が行われた。

サクラダリセット

【あらすじ】

「リセット」という一言で、世界は、三日分死ぬ――能力者が集う街、咲良田(さくらだ)に生きる時間を巻き戻す少女・美空と、記憶を保持する少年・ケイ。繰り返す日常は、若者たちに何をもたらすのか!?

なお、角川文庫版に挿絵はない。一方で、作品のわかりやすさを重視した本文の改稿が行われているとのことだ。スニーカー文庫版で「少し肌に合わなかった」という読者も、あらためて手に取ってみる機会としてほしい。また、角川文庫版でもシリーズとしての刊行が決定しているようで、以降の和訳タイトルにも注目が集まる。これまでとは少し違った読者の手へと渡り、反応も気になる本作。角川文庫版『猫と幽霊と日曜日の革命 サクラダリセット1』は9月24日発売だ。

©河野裕/KADOKAWA 角川書店刊

kiji_line

[関連サイト]

角川文庫公式サイト

『サクラダリセット』特設ページ(スニーカー文庫)

スニーカー文庫公式サイト

kiji_line