GA文庫刊『ゴブリンスレイヤー』がシリーズ累計20万部を突破 原作小説最新3巻も本日発売

9月13日にコミックス第1巻が、9月15日には原作小説最新3巻が発売となったGA文庫刊『ゴブリンスレイヤー』がシリーズ累計20万部を突破した。2016年2月のシリーズ開始以降、ほぼ並行にプロジェクトが進行していたコミカライズや、先日キャストも発表されたドラマCD化をはじめ、積極的なメディアミックス展開が印象的な本作は、ますますファン層を拡大しているようだ。また、黒瀬浩介氏のコミカライズ版から『ゴブリンスレイヤー』に触れた読者も決して少なくないだろう。本作の良さでもあるダークな色合いをしっかりと描くコミカライズ版にも大きな注目が集まっている。早くもシリーズ累計20万部を突破した『ゴブリンスレイヤー』に注目だ。

ゴブリンスレイヤー3

【あらすじ】

「ところで、ほら、えと、明後日、収穫祭が、あるじゃないですか――予定、空いてますか?」 「……ゴブリン」「あ、ゴブリン以外です」 秋、辺境の街は収穫祭を間近に控えていた。そんな中、神殿の仕事で忙しそうな女神官、ある出来事で拗ねる妖精弓手、祭の準備に参加する鉱人道士、蜥蜴僧侶と、それぞれの日常を過ごす冒険者たち。そしてゴブリンスレイヤーもまた“日常”を過ごしていたのだが……。 依頼の減るゴブリン退治、現れる三人の来訪者、祭の裏で暗躍する計画とは!? 「素人め、教育してやる」 蝸牛くも×神奈月昇が贈るダークファンタジー第3弾!

GA文庫刊『ゴブリンスレイヤー』のドラマCDキャストが最新PVにて解禁 英語版にも対応した公式サイトも開設

また、第3巻では販売店のとらのあなを対象に<ゴブスレ辞典>が付いてくる限定版も販売されている。本作のファンはそちらにも注目してもらいたい。2016年のラノベニュースオンラインアワードにもノミネートされている本作をぜひ手に取ってみてほしい。GA文庫刊『ゴブリンスレイヤー』は第3巻まで発売中。

©蝸牛くも/SBクリエイティブ イラスト:神奈月昇

kiji_line

[関連サイト]

『ゴブリンスレイヤー』公式サイト

GA文庫公式サイト

kiji_line