ファンタジア文庫刊『冴えない彼女の育てかた Girls Side』のコミカライズ連載が月刊ドラゴンエイジ10月号より巻中カラーで始動

2017年4月より第2期TVアニメ放送が行われるファンタジア文庫刊『冴えない彼女の育てかた』のスピンオフ『冴えない彼女の育てかた Girls Side』のコミカライズ連載が、9月9日に発売した「月刊ドラゴンエイジ10月号」より開始となっている。「Girls Side」では同作に登場する英梨々と詩羽を主人公として描き、倫也の知らない側面を描いた物語となっている。コミカライズ版の作画は本編のコミカライズも手掛ける守姫武士氏がそのまま担当している。本編だけではない少女たちの物語をコミカライズ版でもぜひチェックしてもらいたい。

冴えない彼女の育てかた Girls Side

【「Girls Side」原作小説第1巻あらすじ】

『Blessing software』の原画担当・澤村英梨々とシナリオ担当・霞ヶ丘詩羽。宿命の好敵手である二人の出会いと、そして”あの事件”の裏側が今描かれる! ――そう、これは、倫也の知らない物語。

ファンタジア文庫刊『冴えない彼女の育てかた』の特別短編がカクヨムにて公開

『冴えない彼女の育てかた』はTVアニメ化、ゲーム化、コミカライズに至っては複数作品に渡って展開されているファンタジア文庫の人気シリーズだ。『冴えない彼女の育てかた Girls Side』だけを読んでいるという読者は少ないだろうが、本編の読者は引き続きコミカライズにも注目してもらいたい。原作小説『冴えない彼女の育てかた』は第10巻まで、スピンオフ小説『冴えない彼女の育てかた Girls Side』は第2巻まで刊行中。

©丸戸史明/KADOKAWA 富士見書房刊 イラスト:深崎暮人

kiji_line

[関連サイト]

『冴えない彼女の育てかた』特設ページ

ファンタジア文庫公式サイト

kiji_line