モーニングスターブックス10月刊行のラインナップをご紹介。『リビティウム皇国のブタクサ姫3』『塔の管理をしてみよう4』など2冊

10月11日に発売するモーニングスターブックス10月刊行ラインナップ2冊のジャケットイラストとあらすじをご紹介します。挿絵の一部も一足先に先行公開しています。

リビティウム皇国のブタクサ姫3

リビティウム皇国のブタクサ姫3

©佐崎一路/新紀元社 イラスト:まりも

web連載版から大幅に加筆&改稿!

【あらすじ】

姉弟子の女男爵クリスティの名代として北の開拓村へ向かったジル。人間を敵対視する妖精族のプリュイを助け、彼女の案内で妖精族の里を訪問することに。そこで出会った美貌の里長に、素性を見抜かれたジルは--!?「なろうコン大賞」受賞作『吸血姫は薔薇色の夢をみる』の100余年後を描くシリーズ、待望の第3弾!

ブタクサ姫_01
「とはいえ、不本意ながらジル様に関しては、見たがる野郎どもの気持ちがあたしも少しだけ理解できます。──積極的に同意はしませんけど」 意味深な物言いと目つきに微妙に身の危険を感じて、反射的に胸元を隠しました。

ブタクサ姫_02
「驚いた。お前は“癒し手”だったのか。“癒し手”に会うなど百年ぶりだ」 その口調に懐かしむような、微かな親愛の情が籠もっているように感じられます。

塔の管理をしてみよう4

塔の管理をしてみよう4

©早秋/新紀元社 イラスト:雨神

現人神(あらひとがみ)、はじめました。

ベタ惚れ“られ”人生も継続中!

【あらすじ】

交通事故をきっかけに異世界アースガルドに魂を飛ばされてしまった会社員の考助は、女神の助力を受け、異世界で新しい人生を始めることに。誰もが制覇したがなかったセントラル大陸中央の塔を攻略し、管理者として塔を運営。ところが知らぬ間に“条件”をクリアしていたらしく、現人神になってしまい……!? そんな考助の次なる目標は、セントラル大陸に残る6つの塔の全制覇だったが――。創意と工夫の異世界シムストーリー第4巻!

塔の管理_01
リレースは、考助が来たとわかった瞬間、いきなり頭を下げた。考助が止めなければ、土下座さえしそうな勢いだった。「ちょ、ちょっと待ってください。わけもわからず連れてこられて、事情がわからないんですが、なにかあったんですか?」

塔の管理_02
考助の説明に、イスナーニが納得して頷いた。「……あれ? ですが、こんな短時間で作業を終えられるのでしたら、なぜいままでやっていなかったのですか?」

紹介ラインナップは10月11日発売です。

kiji_line

[関連サイト]

モーニングスターブックス公式サイト

kiji_line