インタビュー「ラノベの素」。谷春慶先生「モテモテな僕は世界まで救っちゃうんだぜ(泣)」

オリジナルインタビュー「ラノベの素」も10回を超えてどんどんパワーアップしていきます!

今回のインタビューは『モテモテな僕は世界まで救っちゃうんだぜ(泣)』で第二回このライトノベルがすごい!大賞を受賞した谷春慶先生です。続刊も絶賛発売中!

モテモテな僕は世界まで救っちゃうんだぜ(泣)2
著:谷 春慶 イラスト:奈月ここ
2011年12月10日発売
定価650円(本体価格:619円)

あらすじ

種族を問わず、女を口説きまくるビョーキ持ち・砕月(さいげつ)の修羅場ラブコメ第2弾!
主人公・砕月は今日も女を口説きまくるビョーキに振り回されている。そんな中、校内で女子たちが突如眠りこむ怪事件が発生し、人外美少女・タマが真相究明に乗り出す。続々と犠牲者が出る中、砕月は保健室で一人の病弱な美少女と出会う。当然、彼女を口説きまくる砕月だが……。幼馴染み・千夏、ツンデレ・優沙、ヤンデレ・静流、さらには制服姿のタマまで乱入して今回も修羅場に大発展! 

第2回このライトノベルノがすごい!大賞・大賞受賞作シリーズ第2弾。
発売当初から、ネットでもなにかと話題になった「モテ泣き」の2巻が早くも登場します。

――本日はよろしくお願いします。まずは第二回このライトノベルがすごい!大賞の受賞おめでとうございます。

ありがとうございます。

――読者の皆さんへ簡単な自己紹介を御願いします。

第二回このライトノベルがすごい!大賞を受賞した谷春慶です。好きな武将は故郷の英雄・上杉謙信公です。でも、最近は森長可の鬼武蔵ぶりから目が離せません。あと、好きな剣豪は念阿弥慈恩と松林左馬之助です。取材と称して個人的に古武術を習い始めました。人間の体というのは不思議だと痛感する今日このごろです。

――受賞の知らせを聞いたときの気持ちを教えてください。

正直言うと、大賞はないだろうと本気で思っていたので、大賞と聞いた時は絶句しました。その後、500万という金額のデカさにビビって酒に逃げました。気づけば、人の形した奈良漬けです。それまでは、禁酒生活がうまいこと続いてたんですけど……。

――受賞をしてから3ヶ月ほどが経ちましたが、何か心境の変化などはありましたか? 

心境の変化は特にありません。でも、酒量が増えてく一方です。これで塩分取り過ぎだと謙信公みたいに脳卒中でポックリ逝きかねないですね。いくら好きでも死に方までは真似したくありません。頑張って酒をやめようと思います。

――今までの投稿歴を教えてもらえますか?

有名どころは一通り送ってると思います。十はいかないけど、五は超えてるでしょうか? 最初のころは一次選考にかすりもしなかったんですけど、トライ&エラーを繰り返しながらここまで来たという感じです。でも、まだまだだと思うので、もっと頑張って面白い話を作っていけたらな、と思います。

――はじめて小説を書いたのは?

はじめて書いた物語らしきものは小学五年生のころだと思います。当時からチャンバラが好きだったので、チャンバラ活劇でした。でも、主人公は私が当時飼ってた犬です。あれ? 剣とか持てないな。あ、たぶん尻尾で戦ってたと思います。あれ? チャンバラ小説なはずだったのに……記憶が断片的なようですが、確か尻尾が剣みたいな感じになってチャンバラってたと思います。それ以降は、特に創作活動はしてないですね。きちんと書き始めたのは二十を過ぎた頃だと思うんですけど、その辺も曖昧です。

次のページへ