2017年配信の多数決ドラマは第4弾『ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?』&第5弾『いでおろーぐ!』に決定

電撃文庫とniconicoがタッグを組んで贈るユーザー参加型新感覚プロジェクト「多数決ドラマ」の第4弾作品、そして第5弾作品が決定した。第4弾作品は2016年TVアニメ化も行われた聴猫芝居氏の『ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?』に、第5弾作品はコミカライズも発表された椎田十三氏の『いでおろーぐ!』に決まった。両作品とも配信は2017年が予定されており、それぞれ他作品とのコラボで展開されるのか、それとも多数決ドラマでしか見ることのできないオリジナルストーリーとして展開されるのかに注目が集まる。

ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?いでおろーぐ!

多数決ドラマ化が楽しみなのはもちろんだが、なにもそれだけではない。多数決ドラマでは登場するキャラクターを声優陣が演じることになる。第3弾として実施された『キノの旅 the Beautiful World』では、総勢9名の豪華声優陣によって物語は彩られることになった。第4弾の『ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?』では、TVアニメのキャスト陣の再集結が期待される一方で、第5弾の『いでおろーぐ!』では配信までにドラマCD化などが行われない限り、初のキャスティングとなることが予想される。詳細な情報については今後、「多数決ドラマ」公式サイトの続報を楽しみにしたい。2017年の多数決ドラマに期待だ。

©聴猫芝居/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊 イラスト:Hisasi

©椎田十三/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊 イラスト:憂姫はぐれ

kiji_line

[関連サイト]

「多数決ドラマ」公式サイト

電撃文庫公式サイト

kiji_line