【日刊試読タイム】『即死チートが最強すぎて、異世界のやつらがまるで相手にならないんですが。』(アース・スターノベル)

涼しいというレベルじゃない。急に寒い!

さて、今回はアース・スターノベルが2016年10月15日に発売する『即死チートが最強すぎて、異世界のやつらがまるで相手にならないんですが。』。かなり長めなタイトルの作品ですね。まずはジャケットとあらすじをチェックしてみましょう。

即死チートが最強すぎて、異世界のやつらがまるで相手にならないんですが。

【あらすじ】

修学旅行中、バスの中で寝ていた高遠夜霧は、クラスメートの壇ノ浦知千佳に起こされて目を覚ました。すると--そこは異世界だった! 知千佳の説明によると、突然現れた賢者シオンと名乗る少女が、クラスメートのほぼ全員に“ギフト”という能力を与えて、『今から冒険を始めてこの中から成長して賢者になる者が出なければ全員奴隷にする』と言ったのだという。そして、今バスの中に残っているのは、なぜか能力を与えられなかった無能力者で、自分達は他のクラスメートが最初のミッションをクリアするために囮としておいていかれたのだと。いきなり大ピンチの夜霧と思いきや、実は彼は、この世界の基準では計れないほどの力、《即死能力》を持っていたのだ! これは、無能とされた少年と少女が、あらゆる敵を即死させながら、元の世界に戻るための旅をするお話。本当に最強なら、戦いにすらならない! 成長チート? 無限の魔力? 全属性使用可能? そんなもの即死能力で一撃ですが?

著者は藤孝剛志先生。イラストは成瀬ちさと先生。藤孝剛志先生は第7回HJ文庫大賞にて「金賞」を受賞、『姉ちゃんは中二病』でデビューされています。本作はイレギュラーな力が混ざった異世界転移モノの作品のようですね。試し読みでは約105ページの大ボリュームで公開されています。挿絵も4枚確認できるので、早速チェックチェック!

⇒ 試し読みはこちら

すべての敵が即死する圧倒的異世界ファンタジー!?

主人公は、冷静沈着で朴念仁でマイペースな高遠夜霧。修学旅行中にバスごと異世界へと召喚されてしまいます。移動中から異世界到着まで眠り続けていた夜霧は、やけくそ気味になっていたクラスメイト、壇ノ浦智千佳に起こされ、その惨状を目撃します。バスは歪み、血まみれの少女が倒れており、腹を貫かれる男子生徒の姿。ほかにクラスメイトの姿はなく、ドラゴンに襲われるバスの中、眠たい目をこすりながら夜霧はマイペースに状況を把握していきます。

壇ノ浦智千佳の話によると、大賢者の孫という存在が現れ恐怖を伝播させたこと、そして夜霧たちはドラゴンの囮としてクラスメイトたちに置いていかれたことを知ります。クラスメイトに見捨てられ、ドラゴンに襲われる最中でも、ゲーム機の充電を心配する夜霧にツッコミを入れまくる智千佳とはナイスコンビになりそうです。そんなマイペースすぎる夜霧にはとある力があり……。

サクサクと物事を淡泊に判断、実行していく夜霧に対して、最初は意見していた智千佳も段々と慣れていくようで、慣れとは恐ろしいですね。そんなノリツッコミを得意とするハイテンションヒロインにも注目です。トラブルに事欠かない二人の前に現れるネコミミ少女や、夜霧たちと同じように召喚されたであろう人達。夜霧はその圧倒的な「即死」の力を惜しむことなく行使して、トラブルを跳ね除けていくのです。

試し読みでは、トラブルがひと段落したのも束の間、ハイテンションヒロイン・壇ノ浦智千佳の前に「お姉ちゃん(?)」が現れるところまでが公開されています。お姉ちゃん、気になります。マイペースすぎる夜霧と、ハイテンションな智千佳のコンビが、異世界でどう立ち回っていくのか続きに注目ですね。

気になった方はぜひ試し読みをチェック! さらに物語の続きが気になった方は発売日に書店へGOです!

【日刊試読タイム】とは

試し読みが公開されている発売間近の作品を試し読みを通して紹介します。

©藤孝剛志/アース・スターエンターテイメント イラスト:成瀬ちさと

kiji_line

[関連サイト]

アース・スターノベル公式サイト

kiji_line