SD文庫『All you need is kill』に、ブラッド・ピット主演か!?

スーパーダッシュ文庫から刊行中の、桜坂洋 原作「All you need is kill」のハリウッドでの映画化に当たって、ブラッド・ピットに出演オファーが来ているとVultureが報じた。

All you need is kill」は、2004年に刊行され、星雲賞候補にもなった。謎のエイリアンとの戦いに繰り出されては戦死するという時のループに捉えられた兵隊の運命を描くSF小説だ。

昨年4月にワーナー・ブラザーズが、同作を原作にしたダンテ・ハーパーの脚本を約300万ドル(約2億8000万円)で獲得していた。

ジャンパー」「Mr.&Mrs.スミス」のダグ・リーマン監督がメガホンをとることが決まっている。

ワーナーは2008年に起きたコロンビアの人質救出作戦を題材にしたドラマ「ザ・ミッション(原題)」への出演もオファーしているため、ピットがどちらを選ぶのかに注目が集まる。

映画.comより)

[関連サイト] 集英社スーパーダッシュ文庫

[商品データ]

Amazon;All You Need Is Kill