『まおゆう魔王勇者』の朗読劇が開催決定

ネット投稿から生まれた、橙乃ままれさん作「まおゆう魔王勇者」

コミカライズや、ドラマCD化を果たしている同作の朗読劇が2月に行われることが分かった。

  

10月31日に発売された小説『まおゆう魔王勇者 エピソード1 楡の国の女魔法使い』の特典ドラマCDのキャスト陣が勢ぞろいしている。

2月19日に渋谷公会堂で行われ、チケットは5250円のようだ。

朗読劇の詳細は、まおゆうメイドラジオのニュース記事を参照してほしい。

【まおゆう魔王勇者】

人間と魔族が長く戦争を続けている世界。強大な力を持つ「勇者」は、魔王を倒して人間世界を救うべく魔王の城に乗り込んだ。だがそこで彼を待っていたのは、人間の女性そっくりの「魔王」であり、しかも彼女は勇者と戦おうとはせず、勇者に自分のものとなるよう契約を求めてきた。戦いを求める勇者に、魔王は冷静に人魔間の状況を語り、現在の社会秩序が戦争に依存していること、魔王を倒しても根本的解決にならないことを説く。彼女が求めるものが終戦による破局でも戦争の引き伸ばしでもない、新たな可能性であること、そのために勇者の協力を求めていることを理解した勇者は、彼女の契約を受け入れる。そしてふたりは勇者と魔王という身分を隠し、一介の剣士と学者として世界の改革に着手した。

(wikipedia より)

(C)エンターブレイン 橙乃ままれ/水玉螢之丞/toi8

[関連サイト] まおうゆうメイドラジオ

[商品データ]