『<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム-』のコミカライズが決定 さらに50人のイラストレーターによる「#大デンドロ祭」も

11月1日にHJ文庫より発売となった『<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム-』のコミカライズが早くも決定した。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で「VRゲーム部門」で年間ランキング1位を獲得するダイブ型VRMMOを題材とした物語。本作の書籍化発表時にもカウントダウン特設サイトが展開されるなど、大きな注目を集めていた。発表の行われたコミカライズ版の作画は『NEEDLESS』や『あんごろもあちゃんの地球侵略にっき』などを手掛けた今井神氏が担当することも明らかとなっており、今冬より「コミックファイア」にて連載が開始となる。今井神氏が描くレイやネメシスのイラストも解禁されたので、あわせて紹介する。

インフィニット・デンドログラム

【あらすじ】

各プレイヤーの行動や性格、プレイスタイルによって独自に能力が進化するシステム<エンブリオ>。人と間違うような、確かにその世界に息づくNPCたち<ティアン>。そんな夢のようなシステムを備えたダイブ型VRMMO<Infinite Dendrogram>は、瞬く間に一大ムーブメントとなって世界を席巻し、数多くのユーザーがこのゲームを楽しんでいた。大学受験を終えて東京で一人暮らしを始めた青年・椋鳥玲二もまた、受験勉強の終了を記念して、かねてより兄に誘われていた<Infinite Dendrogram>を起動する――。

今冬連載開始となる今井神氏のコミカライズ版にも大きな注目が集まる!

レイID

ネメシスID

また、発売日である11月1日の16:00より、Twitter上の連動企画として「大デンドロ祭」もスタートしている。文倉十氏兎塚エイジ氏ERIMO氏さくらねこ氏氷川へきる氏など総勢50人のイラストレーターによる応援イラスト投稿企画となっており、同作のキャラクターイラストが次々と公開中だ。イラストの確認には『<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム-』公式Twitterアカウントか、ハッシュタグ「#大デンドロ祭」にて確認するといいだろう。

Twitterの豪華連動企画、そして発売日同日となるコミカライズの発表など、怒涛の盛り上がりを見せる本作はぜひチェックしてもらいたい。『<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム- 1.可能性への始まり』は、HJ文庫より発売中。

©Sakon Kaido/Kami Imaio

©海道左近/ホビージャパン イラスト:タイキ

kiji_line

[関連サイト]

『<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム-』特設サイト

HJ文庫公式サイト

kiji_line