11月24日発売のHJノベルス刊『平手久秀の戦国日記』とゲームアプリ『信長の野望201X』のコラボ企画が決定

11月24日に発売となるHJノベルス刊『平手久秀の戦国日記』が、コーエーテクモゲームスが配信しているゲームアプリ『信長の野望201X』とコラボすることが決まった。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、現代の記憶をもったまま戦国時代へと転生した主人公を綴る物語だ。そして『信長の野望201X』は、シリーズ待望のスマートフォン向け最新作となっており、現代兵器を手に戦国武将が活躍する作品となる。コラボ企画では『信長の野望201X』内にて、『平手久秀の戦国日記』の作中に登場するキャラクターが参戦するほか、限定イベントなどが開催される。同ゲームで遊んでいる読者は、コラボレーション企画を楽しみにしたい。

平手久秀の戦国日記

戦国時代に転生した俺はあの織田信長と二人三脚天下統一をめざす!

【あらすじ】

戦国時代に転生し、現代の記憶を持ったまま農民の子として育った少年・久次郎は、若き織田信長と偶然に出会い、やたらと気に入られてその友人となる。革新的な思想を持ちながらも家臣と衝突が絶えない信長。それを見かねた久次郎は、信長の考えをうまく周囲に理解させる、いわば「信長の通訳」として活躍を始める。やがて彼は信長とタッグを組み、その戦国知識と補佐力を活かして乱世を切りひらいてゆく――。

ゲーム内でのコラボレーション企画は、本作の発売日でもある11月24日(木)よりスタートする予定だ。発売と同時にゲームとのメディアミックスがスタートする異例のコラボには注目だ。『平手久秀の戦国日記』は、HJノベルスより11月24日発売。

©スコッティ/ホビージャパン イラスト:shri

kiji_line

[関連サイト]

『信長の野望201X』公式サイト

HJノベルス公式サイト

kiji_line