第23回電撃小説大賞の受賞作は2017年2月より順次刊行 大賞受賞作は電撃文庫とメディアワークス文庫に1作品ずつ

応募総数4,878作品の中から8作品が受賞となった第23回電撃小説大賞の受賞作品が、2017年2月、そして2017年3月に順次刊行されることが決まった。刊行レーベルは例年通り電撃文庫とメディアワークス文庫の2レーベルとなっており、昨年に続いて2本選出された「大賞」受賞作品はそれぞれのレーベルより、1作品ずつ刊行されることとなる。

ただ、それだけでよかったんです

第22回電撃小説大賞「大賞」受賞作「ただ、それだけでよかったんです」

【2017年2月10日電撃文庫より発売予定】

<大賞>『86-エイティシックス-』

【2017年2月25日メディアワークス文庫より発売予定】

<大賞>『君は月夜に光り輝く』

<メディアワークス文庫賞>『キネマ探偵カレイドミステリー』

【2017年3月10日電撃文庫より発売予定】

<金賞>『賭博師は祈らない』

<銀賞>『キラプリおじさんと幼女先輩』

<選考委員奨励賞>『オリンポスの郵便ポスト』

【2017年3月25日メディアワークス文庫より発売予定】

<銀賞>『明治怪異新聞』

<選考委員奨励賞>『ひきこもりの弟だった』

前回にあたる第22回の受賞8作品では、うち5作品が電撃文庫からの刊行だったわけだが、今年は電撃文庫とメディアワークス文庫からの刊行点数が4点ずつとなったことも、ひとつ特徴といえそうだ。見方によっては昨年と比較して、受賞作品選出の傾向が少し変化したことも想定される。現在募集が行われている第24回の傾向も、来年は注視していきたいところだ。まずは「大賞」受賞作が2017年2月にお披露目となる予定なので、発売を楽しみに待ちたい。

©松村涼哉/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊 イラスト:竹岡美穂

kiji_line

[関連サイト]

電撃大賞ホームページ

電撃文庫公式サイト

kiji_line