MFブックス刊『異世界薬局』&モンスター文庫刊『宝くじで40億当たったんだけど異世界に移住する』のコミカライズ連載が本日より開始

11月19日、無料漫画サイト「ComicWalker」にてMFブックス刊『異世界薬局』、そしてモンスター文庫刊『宝くじで40億当たったんだけど異世界に移住する』のコミカライズ連載が同時にスタートした。コミカライズ版『異世界薬局』の作画は高野聖氏が担当しており、約40ページに渡って「第1話 転生薬学者と異世界」が公開。また、コミカライズ版『宝くじで40億当たったんだけど異世界に移住する』の作画は今井ムジイ氏が担当。「第1話 通路を抜けたら異世界で」が約35ページに渡って公開されている。ライトノベル原作コミックが2作品同時にスタートしているので、どちらの作品もぜひチェックしてもらいたい。

異世界薬局

【あらすじ】

研究に没頭するあまり過労死してしまった若き薬学者。しかし彼は異世界で宮廷薬師の名家の息子、ファルマとして転生していた。間違った治療法や薬の調合が横行するこの異世界で彼は前世で培った現代薬学と手に入れたチート能力で人々を救おうとあらゆる疾病に立ち向かう。

⇒ コミカライズ版『異世界薬局』はこちら

宝くじで40億当たったんだけど異世界に移住する

【あらすじ】

大金持ったら異世界へ!? 宝くじが当たった俺、会社を辞めて田舎の屋敷にしばらくこもる予定だったんですよねー。そしたらなんと、屋敷の通路を抜けたらどうやら異世界だった模様です。「小説家になろう」で大人気の異世界救世ファンタジー、ついにコミカライズ! 困ってる人を日本円で助けちゃおうか冒険譚――!!!!! 素朴な村人たちとの異世界スローライフ!

⇒ コミカライズ版『宝くじで40億当たったんだけど異世界に移住する』はこちら

次回の更新は両作品とも12月19日(月)が予定されており、それぞれ月イチでの更新となりそうだ。先の展開が気になる方は、ぜひ原作小説も読んでみるといいだろう。『異世界薬局』原作小説は、MFブックスより第3巻まで。『宝くじで40億当たったんだけど異世界に移住する』原作小説は、モンスター文庫より第6巻までそれぞれ発売中。

©高山理図高野聖keepout/KADOKAWA

©すずの木くろ今井ムジイ黒獅子/双葉社

kiji_line

[関連サイト]

MFブックス公式サイト

モンスター文庫公式サイト

kiji_line