宝島社刊『異世界居酒屋「のぶ」』のアニメ化企画が進行中 

宝島社刊『異世界居酒屋「のぶ」』のアニメ化企画が進行中である旨発表された。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」にて開催された「第2回なろうコン大賞(現:ネット小説大賞)」の受賞作品で、異世界に繋がった居酒屋「のぶ」での様々な「食」と「出会い」を綴る物語だ。本作は「ヤングエース」ならびに「このマンガがすごい!WEB」にて、それぞれコミカライズの連載も行われており、2016年8月には文庫版の刊行もスタートしていた。

異世界居酒屋「のぶ」

【あらすじ】

異世界に繋がった居酒屋「のぶ」を訪れるのは、衛兵、聖職者、水運ギルド長など個性的な面々ばかり。彼らは、寡黙な店主、ノブ・タイショーが振る舞う驚くほど美味しい酒や、未体験の料理に驚き、舌鼓を打ちながら、つかの間、日々のわずらわしさを忘れるのだ。この居酒屋の噂は客から客へと広がり、連日様々なお客がやってくる。さて今夜、居酒屋「のぶ」にはどんなお客が訪れ、どんな物語が紡がれるのか……。暖簾をくぐれば異世界が広がる……なろうコン大賞・受賞の異色作登場!

ヒーロー文庫刊『異世界食堂』のアニメ化企画が進行中 約1年ぶりとなる最新3巻も9月30日発売へ

シリーズ累計30万部を突破する異世界グルメファンタジーがいよいよアニメ化に向けて動き出した。2016年9月には同じく異世界グルメファンタジーの看板を背負うヒーロー文庫刊『異世界食堂』のアニメ化企画進行中の報もあり、異世界に限らずグルメファンタジー作品に熱い視線が注がれる。アニメ化企画については今後の続報を楽しみに待ちたい。宝島社刊『異世界居酒屋「のぶ」』は第4巻まで発売中。文庫版は第2巻が12月に発売となる。

©蝉川夏哉/宝島社 イラスト:

kiji_line

[関連サイト]

宝島社(このライトノベルがすごい!文庫)公式サイト

kiji_line