ファミ通文庫刊『賢者の孫』がシリーズ累計20万部を突破 原作小説第5巻&コミックス第1巻も発売

ファミ通文庫刊『賢者の孫』がシリーズ累計20万部を突破した。さらに待望となるコミックス第1巻が11月26日に発売となり、原作小説の第5巻も11月30日に発売する。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、現在は累計6,500万PVを越える人気シリーズ。「世間知らず」で「規格外」な主人公が織り成す痛快ファンタジーを小説でもコミックスでもチェックしてもらいたい。

賢者の孫5

【あらすじ】

幾度となく魔人の侵攻を食い止めた功績を称えられ勲章を賜ることになったアルティメット・マジシャンズ。三国会談に出席するオーグの護衛でシン達も開催国であるスイード王国に向かう事に。だが、各国と同盟を結ぼうとするオーグの努力もむなしく、各国の思惑が錯綜し決裂してしまう。そんな中、イース神聖国のフラー大司教を洗脳しようとする凶悪な魔人の手が迫り——。

コミカライズは2016年3月より、「ヤングエースUP」にてスタート。作画は緒方俊輔氏が担当していた。小説最新刊より一足早く発売となったコミックス第1巻では、異世界に転生することになったシン・ウォルフォードが、学び忘れた常識と同年代の友達を手に入れるため、生まれ育った山奥の家を離れ、魔法学院に入学するまでを描いている。

賢者の孫

【あらすじ】

事故で死んだはずの青年が、赤ん坊の姿で異世界に転生。そして救国の英雄「賢者」マーリン・ウォルフォードに拾われた彼は、シンと名付けられる。孫として育てられたシンはマーリンから魔法を教わるが、その習得速度は驚くべきもので、メキメキと力をつけていく。一方、山奥で世間から隔離されて育った弊害として、シンには一つ致命的な問題があった…。そう、シンが15歳となった時に祖父・マーリンは言ったのだ――「常識を教えるの忘れとった」! かくして常識と友達を得るためアールスハイド高等魔法学院に入学するシンだったが――。

【ページサンプル】

1

2

3

4

5

さらにコミックス第1巻の発売を記念して、ゲーマーズ、三洋堂、メロンブックス、WonderGOOなどでは、店舗購入特典も用意されている。アニメイトでは原作小説第5巻とコミックス第1巻を各1冊ずつ購入すると8Pリーフレットが、ゲーマーズでは原作小説第1~5巻・コミックスから1冊ずつ(合計2冊)購入すると4Pブックレットが同時購入特典として用意されているので、コミックスと小説をあわせて楽しんでもらいたい。『賢者の孫』コミックス第1巻は好評発売中。原作小説最新5巻は11月30日に発売する。

©吉岡剛/KADOKAWA エンターブレイン刊 イラスト:菊池政治

©吉岡剛・緒方俊輔・菊池政治/KADOKAWA

kiji_line

[関連サイト]

『賢者の孫』特設ページ

ヤングエースUP

ファミ通文庫公式サイト

kiji_line