スニーカー文庫刊『ヒマワリ:unUtopial World』の読み切りマンガが公開 第3巻も12月1日発売へ

12月1日に第3巻が発売となるスニーカー文庫刊『ヒマワリ:unUtopial World』の読み切りマンガが公開された。本作は林トモアキ氏の最新シリーズとなっており、世界を統べる権利をかけたバトルゲームを描いた作品だ。公開中の読み切りマンガは、コミカライズ版『ミスマルカ興国物語』を手掛けた浅川圭司氏による完全描き下ろしのコミックとなっている。発売間近となっている第3巻はもちろん、読み切りのマンガもあわせて読んでもらいたい。

ヒマワリ

【第1巻あらすじ】

「私はこの世界は間違っていると思います」 四年前のある事件をきっかけに、やる気と前向きさを失ったヒマワリこと日向葵。学校に行かず罪悪感を覚えつつも最悪な日常を送るヒマワリだったが、高校の生徒会長・桐原士郎と“ジャッジ”を名乗るハイテンションな女性に巻き込まれ、無差別(なんでもあり)のバトルゲーム“ルール・オブ・ルーラー”に参加することになり!? この世界を統べる権利をかけて――咲き方のわからないヒマワリが勝負(バトル)に挑む!

⇒ 『ヒマワリ:unUtopial World』読み切りマンガはこちら

驚きの展開を迎えることが予告されている『ヒマワリ:unUtopial World』第3巻は、スニーカー文庫より2016年12月1日発売。

©林トモアキ/KADOKAWA 角川書店刊 イラスト:マニャ子

kiji_line

[関連サイト]

『ヒマワリ:unUtopial World』特設ページ

スニーカー文庫公式サイト

kiji_line