日本独立作家同盟が2日間で小説を書き上げる日本初の創作イベント「NovelJam」を2017年2月に開催

インディーズ出版を盛り上げる活動を展開する、特定非営利活動法人日本独立作家同盟は、日本初となる小説創作イベント「NovelJam」を2017年2月4日から5日の2日間、開催する。「NovelJam」とは、著者と編集者が集まってチームを作り、わずか2日間で小説の完成・販売までを目指す短期集中型の作品制作企画。48時間でゲームを作るグローバルゲームジャム(GGJ)と類似する試みを小説で、さらには販売まで繋げることを目的として行われる。ジャムセッション(即興演奏)のように事前にあまり本格的な準備をせず、参加者が互いに刺激を得ながら、その場で作品を創り上げていく。

日本独立作家同盟

※日本独立作家同盟

期間中は、現在商業出版で活躍中の・藤井太洋氏と編集者・三木一馬氏を招いて、創作の極意を伝授いただくほか、電書制作のワークショップも開催。作品の構成や表現方法はもちろん、タイトルやキャッチコピーなど細部まで、チームで徹底的に鍛え上げる。作品の準備から完成までの一連の経験を通し、今後も面白い作品を生み出し続ける著者がここから多数生まれることを期待して行われる。

【NovelJam開催概要】

開催日: 2017年2月4日(土)~2月5日(日)

場所: 五番町グランドビル7F

参加費: 8,000円(税込)

定員: 著者20名、編集者10名

参加申込は2016年12月31日(火)まで行われ、応募者多数の場合は事務局にて選考が行われる。ライトノベルをはじめとした小説家、ならびに編集者の方はチェックしてもらいたいほか、製作された作品の行方にも注目していきたい。

・“面白い”短編小説を著者1人につき1作品、会期中に完成させる

・小説のテーマは「破」とし、ジャンルは問わない

・作品本編(3,000字以上)、タイトル(16字以内)、キャッチコピー(32字以内)、概要(100字以内)、紹介文(400字程度)と、表紙をセットにして電書(EPUB)にし、電子書店で販売するところまでを目指す

・原則、編集者1人が著者2人を担当する。編集者と著者の組み合わせは、参加フォームに入力いただいた情報を踏まえながら、事務局側で組み合わせを決定する

・初日に作家・藤井太洋氏と編集者・三木一馬氏による講演、2日目にEPUB制作ワークショップなどを行う

・完成した作品をその場で審査し、賞を授与する

テーマ「破」は、既存の出版のあり方とは違った新たな方法をもとに、作家と編集者がタッグを組んで取り組む作品テーマとして設定。例えば、「殻を破る」「守破離」「破壊」など、世の中には「破」をもとにした言葉が溢れている。新たな殻を破る作品が生まれることが期待される。詳細の確認や申し込みは公式サイトでチェックしてもらいたい。

kiji_line

[関連サイト]

「NovelJam」公式サイト

kiji_line