カドカワBOOKS刊『勇者のクズ』のコミカライズ企画が進行中

12月24日にカドカワBOOKSより発売となったロケット商会氏の『勇者のクズ』のコミカライズ企画が進行中となっている。本作はWeb小説サイト「カクヨム」にて開催されていた第1回カクヨムWeb小説コンテストで「大賞(現代アクション部門)」を受賞した作品だ。コミカライズの作画担当者は明らかとなっていないが、「コミックNewtype」にて連載が予定されている。

勇者のクズ

「勇者なんて、最低のクズがやる商売だ」

【あらすじ】

改造手術を受けたヤクザが魔王となり、それを狩る職業が勇者として合法化した現代。金に困り勇者志願の女子高生3人の家庭教師となったチンピラ勇者ヤシロは、魔王の事務所へのカチコミ、勇者養成学校への不法侵入、死んだ勇者の遺品漁りなど落ちこぼれの少女たちを『指導』するうち、身体強化薬“E3”を巡る陰謀に巻き込まれ―!?第1回カクヨムWeb小説コンテスト現代アクション部門大賞作!

第1回カクヨムWeb小説コンテスト「大賞」受賞作が続々とメディアミックスされている。同じく「大賞」を受賞し、カドカワBOOKSより刊行された『横浜駅SF』に続いてのコミカライズ発表だ。本作コミカライズに関する詳細は、続報を楽しみに待ちたい。また、特設ページでは本作に登場するキャラクターたちの前日譚も公開されている。興味がある読者は、まず公開中の前日譚から読んでみるといいだろう。『勇者のクズ』は、カドカワBOOKSより発売中。

©ロケット商会/KADOKAWA刊 イラスト:草河遊也

kiji_line

[関連サイト]

『勇者のクズ』特設ページ

カドカワBOOKS公式サイト

Web小説サイト「カクヨム」

kiji_line