小説×楽曲のWEB小説『アンダンテ』がぽにきゃんBOOKSより書籍化決定 日日日×川添枯美のタッグが綴る異世界バトル群像劇

2016年2月よりWEB連載の行われている小説『アンダンテ』が、ぽにきゃんBOOKSより2017年2月17日に書籍として発売することが決まった。本作は小説×楽曲のWEB無料連載『アンダンテ』プロジェクトとして始動。「永遠に、すれちがい」をテーマに、壮大な人間ドラマとアクションが展開される異世界バトル群像劇として綴られている。ファミ通文庫刊『狂乱家族日記』やガガガ文庫刊『ささみさん@がんばらない』など多数のメディアミックス作品を生み出した日日日氏と、実力派作家の川添枯美氏のタッグで執筆されているほか、多数のライトノベル作品のイラストを担当している紅緒氏が本作のイラストを担当する。

アンダンテ_keyvisual

【あらすじ】

男子高校生の時任静(ときとういずみ)は、自身の耳から聞こえてくる少女の声に、悩まされていた。声が止まないため、彼は次第に衰弱し、学校を休みことが多くなる。親友だった刈谷橙一(かりやとういち)、妹の蒼衣(あおい)は、様子を伺うため、彼の住むアパートへ向かう。しかし、そこで目にしたのは、災害直後のような瓦礫だらけの山だった。巨大な苦労竜巻による破壊。事態の収拾がつかない中、なんとか時任を探そうとする橙一だが、そこに現れたのは青い瞳の華麗な少女。彼らは、少女とともに、世界を揺るがす事件に巻き込まれている。

書籍化にあたっては、WEB連載版よりもさらにパワーアップし、イラストも完全描き下ろしとなる。また、公式サイトでは小説の各章と連動するテーマソングも公開されており、読んでも聴いても楽しむことができる作品となっているので、あわせて注目してもらいたい。書籍版『アンダンテ』第1巻は、ぽにきゃんBOOKSより2017年2月17日発売予定。

©アンダンテ

kiji_line

[関連サイト]

『アンダンテ』公式サイト

ぽにきゃんBOOKS公式サイト

kiji_line