ラノベニュースオンラインアワード2016年11月刊の投票アンケート結果を発表

アワード201611

ラノベニュースオンラインアワード2016年11月刊の投票アンケート結果を発表いたします。得票数の多かった順から【総合部門】【総合新作部門】【新作部門】にて3作品ずつ、【熱かった部門】【感動した部門】【笑った部門】では1作品ずつ選出しました。2017年、選出された作品に期待です。

2016年11月刊

総合部門

<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム-(HJ文庫)

<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム- 1.可能性の始まり (HJ文庫)

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン(電撃文庫)

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミンXI (電撃文庫)

転生したらスライムだった件(GCノベルズ)

転生したらスライムだった件 9 (GCノベルズ)

総合部門は全得票数の中から部門を問わず、得票数の多かった作品が選出されています。新作でありながら最多票を得たHJ文庫刊『<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム-』、第11巻が発売となった電撃文庫刊『ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン』、第9巻が発売となったGCノベルズ刊『転生したらスライムだった件』の計3作品が選出されました。『ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン』には「魔法とチート能力だけが「ファンタジー」ではない!!」などの感想が寄せられました。『転生したらスライムだった件』には「アニメ化してほしい」などの感想が寄せられました。続いては個別部門です。

2016年11月刊

熱かった部門

<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム-(HJ文庫)

<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム- 1.可能性の始まり (HJ文庫)

2016年11月刊

感動した部門

幸せ二世帯同居計画 ~妖精さんのお話~(電撃文庫)

幸せ二世帯同居計画 ~妖精さんのお話~ (電撃文庫)

2016年11月刊

笑った部門

ゲーマーズ!(ファンタジア文庫)

ゲーマーズ!6 ぼっちゲーマーと告白チェインコンボ (ファンタジア文庫)

総合部門でも選出された『<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム-』が熱かった部門を、新作として登場した電撃文庫刊『幸せ二世帯同居計画 ~妖精さんのお話~』が感動部門を、第6巻が発売となったファンタジア文庫刊『ゲーマーズ!』が笑った部門を制しました。『幸せ二世帯同居計画 ~妖精さんのお話~』には「家族ものの感動系がきた。これからのストーリーも楽しみ」などの感想が寄せられました。『ゲーマーズ!』には「すれ違い芸にますます磨きがかかってきた。アニメ化も決まっていま勢いが凄い作品」などの感想が寄せられました。続いては新作です。

2016年11月刊

新作総合部門

<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム-(HJ文庫)

<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム- 1.可能性の始まり (HJ文庫)

幸せ二世帯同居計画 ~妖精さんのお話~(電撃文庫)

幸せ二世帯同居計画 ~妖精さんのお話~ (電撃文庫)

29とJK ~大人はモテてもヒマがない~(GA文庫)

29とJK2 ~大人はモテてもヒマがない~ (GA文庫)

2016年新作総合部門では全得票数の中から部門を問わず、得票数の多かった2016年刊行の新作(シリーズ化も含)作品が選出されています。総合部門では個別部門も制した『<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム-』、『幸せ二世帯同居計画 ~妖精さんのお話~』が選出されたほか、既にノミネートも決定しており第2巻が発売となったGA文庫刊『29とJK ~大人はモテてもヒマがない~』が選出されました。『<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム-』には非常に多くの感想が寄せられ、「凄い新作が来たなという印象。世界観に展開、そして戦闘描写、全てのレベルが非常に高い」、「主人公が最強ではなく強くこそあるが弱点もあるいい具合の存在なのが良かった。さらに様々なキャラの持つ能力が無敵の物はなくメタや相性ゲ―が成立しているのも高評価」、「世界観の設定が自分でどんなエンブリオがあるか、など考えることができるのが一番好きなところです」などの感想が寄せられました。

2016年11月刊

新作部門

<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム-(HJ文庫)

<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム- 1.可能性の始まり (HJ文庫)

サークルクラッシャーのあの娘、ぼくが既読スルー決めたらどんな顔するだろう(スニーカー文庫)

サークルクラッシャーのあの娘、ぼくが既読スルー決めたらどんな顔するだろう (角川スニーカー文庫)

魔王さまと行く! ワンランク上の異世界ツアー!!(HJ文庫)

魔王さまと行く! ワンランク上の異世界ツアー! ! (HJ文庫)

新作部門では、総合部門と新作総合部門でも選出された『<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム-』、スニーカー文庫刊『サークルクラッシャーのあの娘、ぼくが既読スルー決めたらどんな顔するだろう』、HJ文庫刊『魔王さまと行く! ワンランク上の異世界ツアー!!』がランクインしました。『サークルクラッシャーのあの娘、ぼくが既読スルー決めたらどんな顔するだろう』には「このタイトルでファンタジーだし、ドロドロした人間関係を描く割に読みやすくて面白い。可愛いヒロインの平然とした異常さにご注目」などの感想が寄せられました。『魔王さまと行く! ワンランク上の異世界ツアー!!』には「魔王と女騎士たちとの関係が絶妙で読んでいて楽しい」などの感想が寄せられました。

有効票数は130票。2016年11月刊は以上の結果となりました。選出作品は年間アワードへのノミネート作品となるとともに、いずれも2017年のライトノベルをさらに盛り上げる作品となるに違いありません。ライトノベルはどの作品を読んだらいいかわからない、時代の流れに乗っている作品を読みたい、そんな方々はぜひ選出作品を読んでみましょう。

また、残念ながら今回のタイミングでノミネートは叶わずとも複数の投票者から注目を集めていた作品として総合部門では電撃文庫刊『新約 とある魔術の禁書目録』、新作部門では講談社ラノベ文庫刊『雨音天祢のラノベ作家養成講座 おまえをラノベ作家にしてやろうか!』などが惜しい結果でした。

ラノベニュースオンラインアワード2016年12月刊を対象とした投票アンケートは2017年1月上旬より開催を予定しています。2016年の12月刊であなたが読み、そしてオススメしたい作品にぜひ投票してみてください。