NHK大河ファンタジードラマ『精霊の守り人 悲しき破壊神』の放送が2017年1月21日(土)よりスタート

上橋菜穂子氏のファンタジー小説『精霊の守り人』を原案としたNHK大河ファンタジードラマ『精霊の守り人 悲しき破壊神』の放送が、2017年1月21日(土)よりスタートする。シーズン2は、昨年放送の行われたシーズン1の続編にあたり、原作小説「神の守り人<来訪編・帰還編>」「蒼路の旅人」「天と地の守り人<第一部>」を原案としてドラマ化。さらにシーズン1の4話構成から、シーズン2では9話構成で放送されるなど、物語は更なる広がりを見せる。女用心棒バルサを演じるのは綾瀬はるかさん。待望となるシーズン2の放送を見逃さないようにしよう。

【シーズン2あらすじ】

チャグムと精霊の卵を守り通したバルサ。自分の父、そして育て親・ジグロの敵であるカンバル国王・ログサムを暗殺しようとしたが叶わなかった。それから4年。チャグムは新ヨゴ国の皇太子となり、バルサは暗殺未遂のためお尋ね者に。バルサは隣国のロタ王国に身を潜め、用心棒稼業を続けていた。そんな中、バルサは一人の少女を人身売買から救う。少女の名はアスラ。アスラは、彼女の民族が崇める破壊神・タルハマヤをその身に宿していた。アスラが怒り、その神を召喚すれば、彼女の周りには無残な死体しか残らない。その存在を危険視するロタ王国の呪術師親子・シハナとスファルが、アスラを殺そうと迫り来る。再び、バルサの死闘の旅が始まる。かつて、守り抜いたチャグムの面影をアスラに重ねるかのように。一方、チャグムは南方の大国・タルシュ帝国が、海の国・サンガル王国に侵攻するという状況を受け、救援の為に航海へ出るが、サンガルは既にタルシュの軍門に下っていた。チャグムは囚われの身となってしまう。バルサとチャグムの命運は、果たして…。

2016年にはシーズン1の放送だけではなく、アニメの再放送も行われた『精霊の守り人』シリーズに、2017年も引き続き注目が集まる。NHK大河ファンタジードラマ『精霊の守り人』シーズン2となる『精霊の守り人 悲しき破壊神』は、2017年1月21日(土)よりNHK総合にて放送開始。

[関連サイト]

NHK大河ファンタジードラマ『精霊の守り人 悲しき破壊神』公式サイト

NHK大河ファンタジードラマ『精霊の守り人』公式サイト

アニメ『精霊の守り人』公式サイト