オリジナルインタビュー「ラノベの素」。川口士先生『魔弾の王と戦姫3』

オリジナルインタビュー「ラノベの素」。MF文庫J特集!今回は12月22日に発売された『魔弾の王と戦姫3』の著者、川口士先生が登場です! ファンタジー好きにはたまらない!

あらすじ

ブリューヌ最強の騎士、迫る!

テリトアールに陣を進めたティグルたち。そこに、ガ ヌロン公爵の配下、グレアスト侯爵が現れる。不躾な恭順命令を断るも、エレンへの執着を隠そうともしないグレアストに、ティグルは内心穏やかでない。間を おかずして、ティグル討伐の任を受けたナヴァール騎士団が出現し、事態は急変する。団長は、ブリューヌ最強の騎士ロラン。戦姫の技すら破る“不敗の剣”を 前に、ティグル軍はかつてない危機に陥ってしまう。“光華の耀姫”ソフィーヤの助けで辛くも窮地を逃れるのだったが、エレンを庇った傷でティグルが倒れて しまい……!? 血風と光波が戦場を駆け抜ける刻、黒き魔弓は解き放たれる! 大人気美少女バトルファンタジー、心を射抜く第3弾!

プロフィール:川口士

2006年、第18回富士見ファンタジア長編小説大賞にて『戦鬼』で受賞。

その後、いろいろなところでいろいろ書く。

MF文庫Jにて『魔弾の王と戦姫』シリーズを刊行中。3巻は2011年12/22発売。

――本日はお忙しいところお時間を作っていただきありがとうございます。よろしくお願いします。

よろしくお願いします。

――まずは読者の皆さんへ自己紹介と、新作「魔弾の王と戦姫3」の紹介をお願いします。

はじめまして。僕の著作を読んだことがある方はおひさしぶりです。それとご購読ありがとうございます。小説を書いて、幸い好評をいただき、どうにか糊口をしのいでいます。最近欲しいのはドラゴンボールに出てきた『精神と時の部屋』です。

「魔弾の王と戦姫3」ですが……僕があれこれ言うよりMF文庫Jの公式とか見た方が早いような……。簡単に言うと、ティグルとエレンの前に強敵ロランが現れ、激戦となります。新たな戦姫ソフィーヤことソフィーの登場、ティグルが手にする力、他の戦姫の動きなど、がネタバレにならないあたりでの紹介かと。

――注目してほしいポイントや見所など教えてください。

一番はよし☆ヲさんのイラストでしょうか。1巻から変わらずお世話になっていますが、ありがたい限りです。内容としては、ティグルとエレンの関係、それからティグルの周りにいるいろいろな人たちですね。

――川口先生の一番お気に入りのキャラクターは誰ですか?

敵味方含めて全員好きですね。強いて挙げればいまのところは女性ではリム、男性ではルーリックでしょうか。この二人、1巻の時点ではこんな位置を占めるとは思っていなかったので。たぶん気に入っているのだと思います。

――では川口先生のことをお聞きします。川口先生はとても精力的に執筆をされていますね。そのアイデアはどこから湧いてくるんですか?

本ですね。小さいころから趣味でいろいろ読んでいたので。

――執筆のペースもとても早いと思いますが、多いときで一日どれくらい書かれますか?

50枚です。嘘です。多いときで30枚ぐらいでしょうか。もっとペースを上げたいのですが、なかなか難しいですね。

――作家になろうと決めたきっかけを教えてください。

他にやりたいことがなかったので。勤めていた会社を辞めた後、30歳までになれなかったら諦めると決めて。

――はじめて読んだライトノベルを覚えていますか?

水野良先生のロードス島戦記ですね。

――デビューしてからのことをお聞きします。デビューしてから一番辛かったことはどんなことですか?

売れなかったこと。企画の段階で壮大に話を作ってしまったり、最初のころは話をまとめる能力がなかったりしたので、話が……。編集さんやイラストを描いてくれた方、読者にも作中の人物にも申し訳ない。

――逆に一番嬉しかったことは?

一番となると、ファンレターをもらったことですね。

――もし生まれ変わるならやっぱり作家になりますか?

いまの人生で書きたいものをどれだけ書けるかによります。

――作家になりたいと思っている人に何かアドバイスなどあれば是非お願いします。

自分の中で最高傑作と思ったものほど一晩で色褪せるし、一、二年後に読み返すとのたうちまわりたくなるので、その覚悟をしておくといいと思います。

――読者(ファン)は川口先生にとってどんな存在ですか?

読者あってこその作家なわけで、感謝を忘れてはいけないですね。とはいえ、励まされることもあればへこまされることもあるので、ありがたいだけでなく、不思議なひとたちだというのが妥当かもしれません。

――作家業として一番気をつけていることを教えてください。

健康です。ちょっと気が緩むとすぐに不摂生な生活になります。そういう点では、兼業でやる方がいいかもしれません。

――これからの目標を教えてください。

ひけらかすのは恥ずかしいので秘密。達成したら言います。

――最後に読者に向けてのメッセージと新刊の案内をお願いします。

今後もおつきあいただけるとありがたいです。それから、魔弾の王と戦姫3巻。12/22に発売しました。今月は各レーベルから人気作や新シリーズがどかどか出ていますが、そのついでにでも買って読んでいただけると嬉しいですね。ここまで読んでくださって、ありがとうございました。

川口先生お忙しい中ありがとうございました。

12月22日に発売された川口士先生の新刊、『魔弾の王と戦姫3』。ファンタジー好きは特に楽しめるので是非読んでみよう!