宝島社刊『転生して田舎でスローライフをおくりたい』のコミカライズが決定

2017年2月に最新刊の発売も予定されている錬金王氏の『転生して田舎でスローライフをおくりたい』のコミカライズが決定した。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、異世界へと転生した主人公の田舎で楽しくのんびりとしたスローライフを描いた物語となる。コミカライズ版の作画は、小杉繭氏が担当することも決定しており、「このマンガがすごい!WEB」にて連載が行われる。大人気スローライフストーリーが、コミックに向けて動き出した。

【あらすじ】

トラックに轢かれて死んでしまった伊中雄二。しかし、神様の手違いで魂が異世界へ送られ、異世界で転生することになってしまった!神様が好きな能力と場所を選ばせてくれるというので、雄二が選んだ転生先は、「自然豊かな田舎で楽しくのんびりと過ごしたいんですけど…そういう所はありますか?」川で魚釣り、野原でお昼寝、村の住人と楽しくおしゃべり。のどかな田舎にあるコリアット村を統治する貴族の次男・アルフリートとして転生した雄二は、のんびり平和なスローライフを謳歌する!

コミカライズの連載開始時期については、今後の続報を待ちたい。『転生して田舎でスローライフをおくりたい』の最新刊にあたる『転生して田舎でスローライフをおくりたい 村の収穫祭』は、宝島社より2017年2月10日発売予定。

©錬金王/宝島社 イラスト:阿倍野ちゃこ

[関連サイト]

宝島社(このライトノベルがすごい!文庫)公式サイト