GCノベルズ刊『聖者無双』のコミカライズ連載が本日より開始 転生世界を生き抜くために治癒士はどこへ向かうのか

2017年1月28日に第2巻が発売となるGCノベルズ刊『聖者無双~サラリーマン、異世界で生き残るために歩む道~』のコミカライズ連載が、「水曜日のシリウス」にて開始となった。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」にて、四半期ランキング1位を獲得した作品でもある。コミカライズの作画は秋風緋色氏が担当する。聖属性魔法の才能を授かった元サラリーマンが、過酷な転生先の世界で死なないよう生き抜く物語となり、キャッチコピーでもある「ドMゾンビな治癒士」については、今後の展開で明らかになっていくはずだ。治癒士ルシエルの物語が、コミカライズでもスタートした。

【原作小説第1巻あらすじ】

仕事中、突然の凶弾に倒れた男は、聖属性魔法の才能を授かり、ルシエルという名で異世界に転生した。彼の願いは、道半ばでこの世を去った後悔からか、平和で穏やかな生活を送ること。荒くれ者の多いこの世界で生き残るには、身を守る術が必要だと考えたルシエルは、強くなるために冒険者ギルドの門を叩いた。そこで待っていたのは過酷すぎる訓練生活。普通ならば逃げだしたくなる訓練だが、ルシエルは弱音を吐きながらも、持ち前の根性でゆっくりながら成長していく。その姿に彼は、やがてドMゾンビとよばれるようになるのだった。

⇒ コミカライズ版『聖者無双』はこちら

次回の更新は2017年2月15日(水)が予定されており、毎月第1・第3水曜日に更新が行われることになる。先の展開が気になる読者は、ぜひ原作小説も読んでほしい。『聖者無双~サラリーマン、異世界で生き残るために歩む道~』の原作小説最新2巻は、GCノベルズより2017年1月28日発売。

©ブロッコリーライオン・秋風緋色・sime

[関連サイト]

『聖者無双~サラリーマン、異世界で生き残るために歩む道~』特設ページ

GCノベルズ公式サイト