一迅社が新たに「文芸編集部」を発足 一迅社文庫大賞2015受賞作や「小説家になろう」発作品などを刊行へ

株式会社一迅社は、自社の出版書籍ジャンルに「文芸編集部」という新部署を加えた。新たに“文芸”という新ジャンルへの挑戦とコンテンツ強化を図るための動きとなり、2017年6月より刊行をスタートさせる。第1弾として第2回日本ホラー小説大賞 短編賞他、業界に多くの受賞履歴を持つ小林泰三氏による文芸小説単行本『わざわざゾンビを殺す人間なんていない。』を刊行するほか、小説投稿サイト「小説家になろう」発となる『きみを殺すための5つのテスト』、2016年に発表が行われていた一迅社文庫大賞2015の受賞作品『人魚に嘘はつけない』を文芸作品として発刊する。

※『わざわざゾンビを殺す人間なんていない。』カバー

一迅社文庫大賞2015にて「箕崎・七月賞」に選出された『人魚に嘘はつけない』は、選出当時から一迅社文庫からではなく、別の形による刊行が模索されていた。同作は晴れて、文芸作品として刊行されることになった。また、全国特約書店のバイヤー・書店員を招聘して「文芸編集部」設立説明会を行う予定となっている。

■今後の書籍刊行ラインナップ

・2017年6月

『わざわざゾンビを殺す人間なんていない。』/著:小林泰三 装画:YKBX

・2017年7月

『きみを殺すための5つのテスト』/著:狐塚冬里 装画:泡沫

・2017年8月

『人魚に嘘はつけない』/著:半田畔 装画:武梨えり

[関連サイト]

一迅社WEB