【日刊試読タイム】『縫い上げ! 脱がして? 着せかえる!! 彼女が高校デビューに失敗して引きこもりと化したので、俺が青春をコーディネートすることに。』(電撃文庫)

花粉の目のかゆみは普通の目薬じゃ緩和されないようです……。

さて、今回は電撃文庫が2017年3月10日に発売する『縫い上げ! 脱がして? 着せかえる!! 彼女が高校デビューに失敗して引きこもりと化したので、俺が青春(ファッション)をコーディネートすることに。』。まずはジャケットとあらすじをチェックしてみましょう。

【あらすじ】

俺・小野友永は女の子に服を縫い上げ、脱がせ、着せかえるのが生きがいの紳士だ。ところがある日、今まで俺の望むまま着せ替え人形となっていた妹・みちるから突然、「お兄ちゃんの服は着ない」宣言をされてしまった! なぜだ!? 俺の服の何がいけなかったというんだァァァアアア!? 失意に沈む俺だったが、偶然にも深夜のコンビニで疎遠になっていた幼馴染み・凛堂鳴と再会した。しかしその姿はオールグレーのスウェット上下!? 色気のカケラもない上に体型が2年前と変わらない幼女のままだ……。聞けば、キメすぎた服装で高校デビューに大失敗して以来、残念なヒキコモリ生活を送っているらしい。体型が残念なのは遺伝らしい。この運命的な利害の一致により、俺は新たな着せ替え人形をゲット……もとい、鳴を社会復帰させるためにその青春をコーディネートすることに!

著者はうわみくるま先生。イラストはかれい先生。うわみくるま先生は第21回電撃小説大賞「金賞」を『運命に愛されてごめんなさい。』にて受賞し、デビューされた作家です。本作はひきこもりの幼馴染みの青春を服と一緒にコーディネートする青春コメディ作品のようですね。試し読みでは約65ページが公開されています。挿絵も2枚確認できるので、早速チェックチェック!

⇒ 試し読みはこちら

お兄ちゃんの愛が重いので、お兄ちゃんから卒業することにしました。

主人公は幼少の頃より物を作ることが好きだった高校生、小野友永。物作りの気持ちは裁縫に向かい技術も向上、中学を卒業する妹へのプレゼントにウエディングドレスを作り上げるレベルでこなします。しかし、これまで私服を縫い上げてきた妹から「お兄ちゃんの愛が重い」ことと「高校生になる」という2つの理由から、お兄ちゃんからの卒業を宣言されてしまいます。お兄ちゃんは大ショックなのです。

女の子を自分の作った服で着飾らせたい。妹のみちるにやんわりと拒絶されてしまい、誰か自分の作った服を着てくれる子を探さなければと焦燥に駆られていた矢先、明け方のコンビニで一人の少女と出会うのです。体型は幼女ながらもセミロングの金髪がとても似合う女の子はかくして、よれよれでだぼだぼのだらしないスウェットで外出されていたのです。――こんな非道があっていいものか、友永は一人憤慨します。

今すぐあのスウェットを剥ぎ取って自分の作った服を着せたい。だがヘンタイ犯罪者になるわけにはいかない。生きにくい世の中に葛藤する友永は、外で待ち伏せをすることにします。ファーストコンタクトはまさに変態VS幼女でしたが、金髪幼女の正体は久々に会った三軒隣に住む幼馴染み凛堂鳴だったのです。鳴は華々しい高校デビューを飾ろうとした結果、大失敗。クラスに居場所を失くしてひきこもりになっていたのです。

試し読みでは、鳴を半ば強引に引っ張り、自分の作った服を着せるところまでが公開されています。高校デビューのために自分がしたことを失敗で終わらせないために、鳴は友永の専属モデルとなり、友永は鳴をイケてる人間にする、そんな契約が交わされることになるのです。テンポの良い会話劇も印象的な本作には期待度大です。

気になった方はぜひ試し読みをチェック! さらに物語の続きが気になった方は発売日に書店へGOです!

【日刊試読タイム】とは

試し読みが公開されている発売間近の作品を試し読みを通して紹介します。

©うわみくるま/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊 イラスト:かれい

[関連サイト]

電撃文庫公式サイト